ヒュンダイ エラントラ、サイドエアバッグ不具合か…ドライバー耳を切断

自動車 ビジネス 企業動向

ヒュンダイ・エラントラ
  • ヒュンダイ・エラントラ
  • ヒュンダイ・エラントラ
韓国ヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)が、米国市場に投入し人気を得ている小型セダン、『エラントラ』。同車の2012年モデルのエアバッグに不具合の可能性があるとして、NHTSA(米国運輸省道路交通安全局)が予備調査に入ったことが分かった。

不具合の可能性があるのは、エラントラの2012年モデルに標準装備されるサイドエアバッグ。あるエラントラのドライバーが衝突事故の際、サイドエアバッグの展開により耳を半分切断する怪我を負ったとの報告を受け、NHTSAが予備調査に乗り出した。

この件を受け、ヒュンダイの米国法人、ヒュンダイモーターアメリカは声明を発表。「エラントラの他のユーザーが、同様の事故でサイドエアバッグにより負傷したという事例はない」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. VW、米政府と和解…排ガス不正車を買い取りへ

    VW、米政府と和解…排ガス不正車を買い取りへ

  2. マツダの4車種、米国でリコール…ステアリングに不具合

    マツダの4車種、米国でリコール…ステアリングに不具合

  3. スバル レガシィ、米国でリコール…ステアリングに不具合

    スバル レガシィ、米国でリコール…ステアリングに不具合

  4. 【訃報】稲川スズキ元会長が死去

  5. トヨタ ヴィッツ、欧州累計生産300万台…15年で達成

  6. 豊田通商など、再生可能エネルギーから水素を製造・利活用するモデル事業を実施

  7. 富士重、「SUBARU」への社名変更を株主総会で決議

  8. 撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

  9. 出光興産の大株主、昭和シェル石油との経営統合に反対意見

  10. 恋人に会うために使えるタクシー料金、あなたはいくら?…ゼンリンデータコム調査結果

アクセスランキングをもっと見る