トヨタ自動車と富士重工業が共同開発した新型スポーツクーペ、トヨタ『86』(4月6日発売)/スバル『BRZ』(3月28日発売)。スポーツモデルとしての資質チェックを主眼にメディア試乗会に参加したが、思わぬ美点として印象に残ったのは、望外とも言える燃費の良さだった。

リッター100馬力をクリアする新開発「FA20」型2リットル水平対向4気筒は、カタログスペックではJC08モード燃費12.8kmと、それほど傑出したものではないように感じられるが、実走行での燃費はその数値から受けるイメージをはるかに凌駕している。

1時間という短い試乗時間だったため、正確な燃費は測っていないが、瞬間燃費計の示す数値を頭の中でざっと積分したイメージでは、高速巡航時の燃費は100km/h時でリッター20km弱、80km/h巡航時はリッター22~23km程度であった。

途中、西湘バイパスでは照明灯清掃にともなう渋滞があったが、その区間でも少し走り出せば必要以上にガソリンを消費することはなかった。20~30kmといった低速でも、動いていさえすれば燃費はリッター10km台後半から20km台前半に落ち着く。極低回転でも燃焼が安定しているのか、タウンスピードでも6速で安定して走れることも、エコランのしやすさに拍車をかけている。

有料道路流入路や料金所通過時など、可能な場所で幾度となく全開加速を試み、急勾配続きの箱根ターンパイクでもさまざまな走行パターンを繰り返すなど、燃費には決して優しいとは言えない試乗であったにもかかわらず、異様なほどのクルーズ燃費の良さが奏功して、試乗を終えた時点でのオンボードコンピュータ上の平均燃費はリッター14.2kmに達していた。

エンジンのパフォーマンスをフルに引き出すには98RON以上のプレミアムガソリンを入れる必要があるが、総合的なエネルギー効率はマツダが先に発表した新世代エンジン「SKYACTIV」の2リットルガソリンに引けを取らないように思われた。

ガソリン価格高騰も手伝って世はエコカーブームだが、86/BRZの省燃費性能は、ことロングドライブではトヨタ『ヴィッツ』やホンダ『フィット』といったコンパクトカーやハイブリッドカーと比べても大して変わらないレベル。スポーツカーとして世界第一級の“エコカー”の資質を持っていると言っていいだろう。

井元康一郎
鹿児島出身。大学卒業後、パイプオルガン奏者、高校教員、娯楽誌記者、経済誌記者などを経て独立。自動車、宇宙航空、電機、化学、映画、音楽、楽器などをフィールドに、取材・執筆活動を行っている。
《井元康一郎》