JRダイヤ改正で静かに消える…東海道の変化

自動車 ビジネス 国内マーケット

JRグループが3月17日に実施するダイヤ改正。「日本海」(大阪〜青森)や「きたぐに」(大阪〜新潟)といった定期夜行列車の廃止や、新幹線100系、300系の引退など、消滅する列車・車両が話題となっているが、東海道にはそれらの影でひっそりと消えるものがある。

ひとつは、JR東海の特急形車両373系を使用した普通列車。東京と静岡を3時間以上かけて結ぶ列車で、下りは東京5時20分発(初電)、上りは静岡19時30分発。乗車券のみで乗れるJR東海の特急形車両という珍しい存在だったが、改正後はJR東日本の通勤形車両を使用し、東京と沼津を結ぶ列車に変わる。

もうひとつは、東海道新幹線「こだま」の車内販売の終了。JR東海は、17日以降の同「こだま」全列車の車内販売を取り止めると発表し、「弁当などは乗車前に駅売店などで購入を」と呼びかけている。

このほか、東海道線の初代ステンレス車ともいえる近郊形211系の減少や、東北縦貫線の工事、田町〜品川間の車両基地周辺再開発事業など、東海道線の東京口では“小さな変化”も見られる。

17日以降、東海道新幹線「のぞみ」の定期列車はすべてN700系となり、東京口の東海道線普通列車はほぼすべてグリーン車付き車両となる。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

    ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  2. 【カーグッズ】耐久性に注目「本格コーティング剤」でボディケア

    【カーグッズ】耐久性に注目「本格コーティング剤」でボディケア

  3. レースクイーンが時間を知らせる「サーキット時計」第3弾はスーパーフォーミュラ

    レースクイーンが時間を知らせる「サーキット時計」第3弾はスーパーフォーミュラ

  4. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  5. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  6. GT-R × ギルドデザイン、ジュラルミン製iPhoneケースを発売

  7. ウェザーニューズ、今年の梅雨の天気傾向を発表…九州は例年より大雨の予想

  8. スズキ イーコ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

  9. 【リコール】スズキ ソリオ など5万台、エアバッグが開かないおそれ

  10. 【節約絶景ドライブ】見どころが多すぎる!? 石川県・能登半島編

アクセスランキングをもっと見る