東日本大震災関連の倒産、1月は34件と低水準に

自動車 ビジネス 国内マーケット

東京商工リサーチは、1月31日現在の東日本大震災関連倒産の調査結果を発表した。1月の東日本大震災関連の倒産は、1月31日現在で34件(判明分)となった。

前月が66件と急増したことで先行きが懸念されたものの、2011年4月の26件以来の低水準にとどまった。ただ、累計件数は577件に達し、阪神・淡路大震災の関連倒産が震災から11か月目の累計138件と比べて、依然として4.1倍のハイペースで推移している。

倒産件数は34件と低水準だったが、事業停止や破産など、法的手続きの準備を進めている実質破綻は1月に11件発生している。こうしたことから震災関連倒産は当面40件前後で推移する見込み。

震災関連倒産の累計577件の都道府県別では、最多が東京の142件で、次いで北海道の40件、岩手と福岡が各29件と続く。直接被害を受けた東北6県の倒産件数は93件で構成比は16.1%だった。東北地区では「不渡報告への掲載猶予」などの救済措置がとられているが1月の県別では宮城3件だけだった。

産業別では、宿泊業・飲食店などを含むサービス業他が140件で最多だった。次に製造業の133件、卸売業が100件、建設業の97件、小売業の42件と続く。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

    ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  2. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

    燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  3. 【人とくるまのテクノロジー16】運転支援「次の一手」、開発中の技術を紹介…マツダ

    【人とくるまのテクノロジー16】運転支援「次の一手」、開発中の技術を紹介…マツダ

  4. マツダ、SKYACTIV-Dの燃焼室構造が全国発明表彰 恩賜発明賞を受賞

  5. 「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

  6. ホビージャパン、新型NSX の高品質1:18スケールモデルを発売

  7. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  8. 日産ミスフェアレディに新人8名…総勢21名の2016年度新体制発表

  9. 【人とくるまのテクノロジー16】 クラリティ の大小水素タンク2本が丸見え、 MIRAI との違い…ホンダ

  10. 日本の自動車メーカーの米国雇用、過去最高の46万人…2015年

アクセスランキングをもっと見る