人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

損保ジャパン、代理店業務にタブレット型端末を活用…4月から保険契約などに

自動車 ビジネス 企業動向

損害保険ジャパンは、自動車保険などの契約手続きや事故受付などの代理店業務がタブレット型端末を通じてできるシステムを4月から導入する。

今回新たに導入するシステムは日立システムズの協力を得て開発したもので、高いセキュリティレベルを保ちながらタブレット端末の機能性を最大限に発揮できるという。

従来、パソコン画面を使って契約内容の説明から契約手続きまでを行っている「保険手続きNavi」がタブレット型端末でも利用できるようになる他、代理店システムの利用も可能になる。これにより代理店は、外出時にタブレット端末を携帯することで、保険契約の照会や事故受付・報告などがいつでも行え、保険契約者に迅速な対応ができるとしている。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. マツダ ロードスター RF、発売記念車は得意客に優先販売…米国

    マツダ ロードスター RF、発売記念車は得意客に優先販売…米国

  2. 全国初のフィアット/アバルト店舗オープン 9月3日

    全国初のフィアット/アバルト店舗オープン 9月3日

  3. デンソーの人工知能プロジェクト…ポイントはDNN、小電力、共通化

    デンソーの人工知能プロジェクト…ポイントはDNN、小電力、共通化

  4. 最強高度9H、自動車用ボディコーティング…Ceramic PRO 9H

  5. ドイツ高級3ブランドの中国販売、アウディが首位 7月

  6. 米マツダ、CX-7 をリコール…サスペンションに不具合

  7. レクサス IS、世界累計販売100万台…17年で達成

  8. 【トヨタ 新型カローラ 発表】送風シートを初採用…トヨタ紡織らが開発

  9. ジャガー・ランドローバー 決算、税引き前利益は37%減 4‐6月期

  10. 名車切手セット スカイラインGT-R BNR32 を発売へ

アクセスランキングをもっと見る