人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

損保ジャパン、代理店業務にタブレット型端末を活用…4月から保険契約などに

自動車 ビジネス 企業動向

損害保険ジャパンは、自動車保険などの契約手続きや事故受付などの代理店業務がタブレット型端末を通じてできるシステムを4月から導入する。

今回新たに導入するシステムは日立システムズの協力を得て開発したもので、高いセキュリティレベルを保ちながらタブレット端末の機能性を最大限に発揮できるという。

従来、パソコン画面を使って契約内容の説明から契約手続きまでを行っている「保険手続きNavi」がタブレット型端末でも利用できるようになる他、代理店システムの利用も可能になる。これにより代理店は、外出時にタブレット端末を携帯することで、保険契約の照会や事故受付・報告などがいつでも行え、保険契約者に迅速な対応ができるとしている。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 国内外の設計開発に触れながら自分を成長させる場がある ― エンジニアに訊くZFの魅力

    国内外の設計開発に触れながら自分を成長させる場がある ― エンジニアに訊くZFの魅力

  2. 三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

    三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

  3. マツダ藤本常務「アメリカ市場は基本的に厳しいが、踏ん張り時」

    マツダ藤本常務「アメリカ市場は基本的に厳しいが、踏ん張り時」

  4. 【スバルファンミーティング】BRZ ターボ化の可能性は…「頑張れば2.5Lなら」開発者トークショー

  5. マツダ青山執行役員、国内販売大幅減も「正価販売は今後も継続する」

  6. 「フェラーリやってます」輸入車販売のニコル、横浜でモーターショー

  7. スバル富士重、国内外販売好調…総生産台数は8か月連続プラス 6月実績

  8. ホイールアライメントって何? 調整の必要な理由とは

  9. 【リコール】UDトラックス クオン、謎の自動ブレーキ…プログラム不具合だった

  10. 日産、下げ止まらない国内販売シェア 第1四半期決算

アクセスランキングをもっと見る