損保ジャパン、代理店業務にタブレット型端末を活用…4月から保険契約などに

自動車 ビジネス 企業動向

損害保険ジャパンは、自動車保険などの契約手続きや事故受付などの代理店業務がタブレット型端末を通じてできるシステムを4月から導入する。

今回新たに導入するシステムは日立システムズの協力を得て開発したもので、高いセキュリティレベルを保ちながらタブレット端末の機能性を最大限に発揮できるという。

従来、パソコン画面を使って契約内容の説明から契約手続きまでを行っている「保険手続きNavi」がタブレット型端末でも利用できるようになる他、代理店システムの利用も可能になる。これにより代理店は、外出時にタブレット端末を携帯することで、保険契約の照会や事故受付・報告などがいつでも行え、保険契約者に迅速な対応ができるとしている。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. VW、米政府と和解…排ガス不正車を買い取りへ

    VW、米政府と和解…排ガス不正車を買い取りへ

  2. マツダの4車種、米国でリコール…ステアリングに不具合

    マツダの4車種、米国でリコール…ステアリングに不具合

  3. スバル レガシィ、米国でリコール…ステアリングに不具合

    スバル レガシィ、米国でリコール…ステアリングに不具合

  4. マツダ、グローバル生産台数が17か月ぶりのマイナス…5月実績

  5. ダイハツ、トヨタの完全子会社化を株主総会で承認

  6. スタイリッシュな車載防災セット、カーエマージェンシーボックス発売

  7. スズキ、登録車好調も軽自動車販売は17か月連続マイナス…5月実績

  8. メルセデス Cクラス、米国でリコール…パワーステアリングに不具合

  9. 三菱自動車の下請け7800社、不正影響拡大が懸念…帝国データバンク

  10. 撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

アクセスランキングをもっと見る