損保ジャパン、代理店業務にタブレット型端末を活用…4月から保険契約などに

自動車 ビジネス 企業動向

損害保険ジャパンは、自動車保険などの契約手続きや事故受付などの代理店業務がタブレット型端末を通じてできるシステムを4月から導入する。

今回新たに導入するシステムは日立システムズの協力を得て開発したもので、高いセキュリティレベルを保ちながらタブレット端末の機能性を最大限に発揮できるという。

従来、パソコン画面を使って契約内容の説明から契約手続きまでを行っている「保険手続きNavi」がタブレット型端末でも利用できるようになる他、代理店システムの利用も可能になる。これにより代理店は、外出時にタブレット端末を携帯することで、保険契約の照会や事故受付・報告などがいつでも行え、保険契約者に迅速な対応ができるとしている。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ウェザーニューズ、今年の梅雨の天気傾向を発表…九州は例年より大雨の予想

    ウェザーニューズ、今年の梅雨の天気傾向を発表…九州は例年より大雨の予想

  2. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

    ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  3. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

    小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  4. 「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

  5. 【人とくるまのテクノロジー16】HKS、排気ターボをアシストする電動スーパーチャージャーを初公開

  6. スズキ イーコ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

  7. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  8. 【リコール】スズキ ソリオ など5万台、エアバッグが開かないおそれ

  9. トムス、ハイブリッドシフトノブを発売…プリウス/レクサスCT/アクア用

  10. 【インタビュー】メルセデスベンツの悩みが純正サウンドチューンパックを生み出した

アクセスランキングをもっと見る