【東京オートサロン12】今年の痛車は『ペルソナ4』のアウディ S5

自動車 ニューモデル モーターショー

アニメやゲームなどのキャラクターを車体にデカデカと貼り付ける、いわゆる「痛車」と呼ばれるカスタムは近年一般化してきている。東京オートサロン12でMASAモータースポーツが展示した車両はアウディ『S5』にアニメ『ペルソナ4』の登場人物が貼られた痛車。

同社の福住氏は「最近は顧客からキャラクターのラッピングを注文されることはかなり増えています。元々当社は自動車販売店ですが、最近は痛車にも力を入れています。私はアニメやゲームに詳しくなかったが、最近は少しずつ勉強しています」という。

ちなみに、展示車両のラッピング施工料金は、シートへの印刷も含めて約80万円とのこと。カスタムメーカーにとって、アニメやゲーム産業は無視できない時代なのかもしれない。
《佐藤隆博》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【ホンダ アコード ハイブリッド】シフトがノブからボタン操作に変わった理由とは

    【ホンダ アコード ハイブリッド】シフトがノブからボタン操作に変わった理由とは

  2. スバル レヴォーグ STIパーツ装着車、乗れば運転が上手くなる?[写真蔵]

    スバル レヴォーグ STIパーツ装着車、乗れば運転が上手くなる?[写真蔵]

  3. 【グッドウッド16】マツダ ロードスター「スパイダー」欧州初公開へ

    【グッドウッド16】マツダ ロードスター「スパイダー」欧州初公開へ

  4. スバル BRZ、初の大幅改良…米国で先行公開

  5. トヨタ TRD プリウス、エコだけじゃないその走り[写真蔵]

  6. スバル レヴォーグ、最上級グレード STIスポーツ の先行予約を開始

  7. ホンダ S660 無限 RA…カスタマイズベースとして楽しめるコンプリートカー[写真蔵]

  8. 【グッドウッド16】マツダ ロードスター 新型にスピードスターコンセプト、欧州初公開へ

  9. BMW 5シリーズ 次世代型、新LEDエンジェルアイ光った!

  10. マセラティ クアトロポルテ 改良新型に偶然遭遇!?

アクセスランキングをもっと見る