北海道浦河沖で地震 M6.1

自動車 社会 行政

会見する永井章地震津波監視課長(気象庁)
  • 会見する永井章地震津波監視課長(気象庁)
マグニチュード5を超える比較的強い揺れの地震が、日本列島を揺るがしている。今週に入って、20日に茨城北部(M5.3)、22日に広島県北部(M5.4)と続き、24日には北海道浦河沖でM6.1の地震が発生した。

24日の地震は浦河沖、深さ約30kmを震源として、北海道浦河町で震度5弱、日高地方中部、十勝地方南部・西部、青森県下北、青森県三八上北などで震度4程度を記録した。この地震による身体に感じる余震ない。「活動は低調だが、今後1週間程度、震度4程度の地震に注意が必要」(気象庁永井章地震津波監視課長)は話す。

気象庁の記録からこのエリアの過去10年の地震を深さ90km以浅、M3以上で見ると、今年8月と6月、08年4月、06年4月、03年8月で発生している。「太平洋プレートが沈み込んでいるエリアなので、数年間隔でM5程度の地震がおきている」(永井氏)と、もともと起きやすい環境にあることを示し、他の地震との関連性を否定した。

しかし、同時に東日本大震災後の地震活動の活発化は否定しなかった。

「1つ1つの地震が各地で3日間続いたことが地震活動の活発化を反映した結果かどうかはわからない。しかし、日本列島全体の活動のポテンシャルは上がっている」(同上)
《中島みなみ》

関連ニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. ETC2.0最大50%割引など貨物・旅客への支援厚く...国交省二次補正、自動車関連など

    ETC2.0最大50%割引など貨物・旅客への支援厚く...国交省二次補正、自動車関連など

  2. トヨタ カローラ の耐久性、ここに極まる?!…パキスタンで実証[動画]

    トヨタ カローラ の耐久性、ここに極まる?!…パキスタンで実証[動画]

  3. 転倒したバイクの運転者が死亡、後続車がひき逃げの可能性も

    転倒したバイクの運転者が死亡、後続車がひき逃げの可能性も

  4. 鉄道乗換え時間ピーク時とオフピーク時の差、首都圏は1.0分と三大都市圏で最大…大都市交通センサス調査

  5. 会社敷地内の踏切で列車と乗用車が衝突

  6. 280馬力規制ついに撤廃…“行政指導”の裏事情を探る

  7. 原付バイクと衝突して逃走、ナンバーの目撃情報から容疑者を逮捕

  8. ひき逃げされ、男性が約15m下の湖へ転落

  9. 飲酒運転のクルマが2件の追突事故、33歳の男を逮捕

  10. 応募倍率約9倍、まるで本物の記者…首都高に潜入「キッズプレス」に密着

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら