トヨタ自動車は、第42回東京モーターショー2011に、次期レクサス『GS』シリーズのスポーティバージョン「GS350“F SPORT”」を出展する。

GS350“F SPORT”は『LFA』を頂点とする「F」の走りのテイストを継承し、内外装とも専用装備を採用した。次期GSの走行性能を最大限に引き立て、より本格的なスポーティバージョンとして、次世代レクサスの感性に響く楽しい走りを象徴する。

ギヤ比可変ステアリング「VGRS」と後輪操舵「DRS」などを統合制御、理想的な車体スリップ角を実現する「LDH(レクサス・ダイナミック・ハンドリングシステム)」により、高速域での安心感と、中速域での切れ味を生み出し、低速域では取り回しの良さを実現するという。

前後異サイズ19インチタイヤ&専用アルミホイールと、フロント18インチベンチレーテッドディスクブレーキ(2ピースアルミハットローター)を設定する。高いグリップ力とともに、優れたハンドリング性能、ブレーキ性能を実現する。

さらに、専用意匠のフロントグリル&バンパーやリヤスポイラ-などを装備し、専用のシートや本革ステアリングホイール&シフトノブ、本アルミオーナメントパネルなどに加え、専用内装色ガーネットなどを採用することで、感性に響くF SPORTの走りを視覚的にも強調する。 《編集部》