マツダ CX-5 はカーナビ無しでもサイドアンダーミラー不要

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

12月開催の東京モーターショーで一般公開されるマツダの新型SUV『CX-5』。これまでSUVやミニバンなど、ボンネットフードが高い車種には装着がほぼ常識化していたサイドアンダーミラーを、CX-5は装着しない。

サイドアンダーミラーは、助手席側の死角を解消する目的で装着される補助ミラーで、保安基準に基づいて日本国内で販売される車両に見られる。装着基準としては、運転者が運転席に着座した時、自動車の前面及び左側面(左ハンドル車は右側面)に接する高さ1m、直径0.3mの円柱を、直接、または鏡や画像などによって間接に視認できること、となっている。

これによれば、カメラを取り付けて視認できれば、必ずしもサイドアンダーミラーを装着しなくてもよい。日産『デュアリス』や三菱『デリカD:5』のカメラ装着車がこの基準に対応しているが、ライン装着のカーナビを注文することが条件。好みのカーナビを取り付けたくてオーディオレス車を選ぶと、サイドアンダーミラーは装着されてしまう。

CX-5では映像をルームミラー内モニターに表示することでこの問題をクリア。オーディオレス車、あるいは社外のカーナビを装着しても、サイドアンダーミラーを装着しない、スッキリとしたスタイルを実現することになった。

左側面の様子はコンソールにある専用スイッチを押すことで映し出される。またギアをリバースに入れると、自動的にバックカメラによる後方の映像を優先して表示する。純正カーナビを装着した場合は、バックカメラの映像はカーナビに映し出され、ルームミラーには左側面の映像が映し出されるようになる。
《会田肇》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 テクノロジー アクセスランキング

  1. 【JNCAP2015】最高評価の5台、国際フォーラムで一般公開 28日

    【JNCAP2015】最高評価の5台、国際フォーラムで一般公開 28日

  2. 新型 サイバーナビ を体験「期待以上」の声…カロッツェリア エクスペリエンス、福岡で閉幕

    新型 サイバーナビ を体験「期待以上」の声…カロッツェリア エクスペリエンス、福岡で閉幕

  3. タタの超低価格車、ナノ …インドの衝突安全テストに失格

    タタの超低価格車、ナノ …インドの衝突安全テストに失格

  4. 【人とくるまのテクノロジー16】Aピラーは細く軽く…視野角広げるティッセンクルップの「スリムAピラー」

  5. BMW 3シリーズ / 4シリーズ のサウンドを変える…仏「FOCAL」から新スピーカーキット

  6. 純正システムアップに、AudioControl DQ-61 6chデジタルシグナルプロセッサー

  7. 【JNCAP2015】マツダ CX-3、ファイブスター賞を最高得点で受賞

  8. 【ユーロNCAP】ルノーの超小型車、トゥイジー…衝突安全テストに失格

  9. ユピテル、レーダー探知機 SUPER CAT A30 発売…新小型オービスに対応

  10. 【JNCAP2015】新・安全性能総合評価、CX-3 や ステップワゴン など5車種がファイブスターを獲得

アクセスランキングをもっと見る