人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

[全日本模型ホビーショー11]タミヤの戦艦大和が32年ぶりにリニューアル

自動車 ビジネス 国内マーケット

タミヤ350分の1戦艦大和(全日本模型ホビーショー11)
  • タミヤ350分の1戦艦大和(全日本模型ホビーショー11)
  • タミヤ350分の1戦艦大和(全日本模型ホビーショー11)
  • タミヤ350分の1戦艦大和(全日本模型ホビーショー11)
10月13日より千葉県・幕張メッセで開催されている第51回全日本模型ホビーショーのタミヤ・ブースで一際、注目を集めていたのが350分の1スケールの戦艦「大和」の試作モデルであった。

「タミヤにとって最初のプラモデルは1960年の800分の1スケールの戦艦大和でした。そして1979年に350分の1スケールのモデルを発売。そして、今回、初披露となったこの試作品は、それ以来、つまり32年ぶりにリニューアルした製品となります」とタミヤのスケールモデル広報担当・山本曉氏は説明する。

「1979年当時、大和の資料は非常に少なかったのですが、時代と共にだんだんと出てきており、現在はかつてと比べ物にならないほど資料が豊富になっています。日本だけでなく、アメリカからも写真や資料などが出てきていますからね。そうした細かな数多くの資料をパズルのように組み合わせて、よりリアルな戦艦大和を具現化しました。いわば解像度が上がっているようなものです」

「今回のショーが初披露となりますが、すでにネットでも話題となり、反応も良いようです。タミヤとしても、この戦艦大和はフラッグシップモデルです」と山本氏。

発売は11月下旬を予定。価格は2万4150円。
《鈴木ケンイチ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. オートエクゼ、アテンザ用ストリートスポーツ チューニングキットを発売

    オートエクゼ、アテンザ用ストリートスポーツ チューニングキットを発売

  2. 米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

    米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

  3. クルマを置かないVRショール―ム…代官山蔦屋書店のメルセデス・ベンツ日本に行ってきた

    クルマを置かないVRショール―ム…代官山蔦屋書店のメルセデス・ベンツ日本に行ってきた

  4. 【リコール】スズキ イグニス、走行中にドアが開くおそれ

  5. クルマを置かないVRショール―ム…タッチポイントが増える

  6. 【池原照雄の単眼複眼】出発点は「謙虚」…マツダの新しい走り「G-ベクタリング」

  7. BYD、中国自動車メーカー初の日本進出…京都でEVバス納車

  8. 車内温度を素早く下げるには「エアコン+窓全開走行」がおすすめ…JAF検証

  9. マセラティの新型SUV、レヴァンテ を増産

  10. 【池原照雄の単眼複眼】ソウルレッドの次はこれだ…マツダの新ボディカラー

アクセスランキングをもっと見る