人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

バイクに乗ると脳が活性化される…東北大川島教授

自動車 ビジネス 企業動向

東北大学加齢医学研究所の川島隆太教授は28日、ギア付きの大型バイクに趣味で週1、2度乗ることは、認知機能とメンタルヘルスに良い影響があるとする研究結果を発表した。

この研究は、東北大学加齢医学研究所とヤマハ発動機が共同で2008年5月から二輪車乗車が脳の活性化に及ぼす効果について調査したもの。

それによると自動二輪を購入したユーザーの認知機能とメンタルヘルスの変化を計測したところ「バイクを買った人とスクーターを買った人とを比べると認知スピードに関してはバイク購入者だけが改善している。メンタルヘルスのアンケートでも不安感や仕事の悩みの項目でバイク購入者のみ改善し、スクーター購入者は改善していないこともわかった」という。

さらに購入6か月後の変化では「使用頻度でいうと週に1、2回乗っている人だけが統計的に優位にあがっている。さらに購入車種の違いでもバイクを買った人は頭の回転の速さ、脳全体の働きが良くなっているが、スクーターの方は全く変化がない。購入形態によって脳と心に与える影響が違ってきているということがわかった」。

こうした結果を踏まえて川島教授は「バイクを買った人たちは購入後1か月後、半年後であっても脳の働きは良くなっているし、ストレスは軽減する傾向にある」とした上で、「ギア付きのビッグバイクに趣味として週に1〜2日乗るというのが実は認知機能を上げたり、メンタルヘルス機能に一番良い」と結論付けた。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 日産の発信拠点、銀座にオープンへ…NISSAN CROSSING

    日産の発信拠点、銀座にオープンへ…NISSAN CROSSING

  2. ジープ ラングラー 次期型、ボディパネルは自社製に…新工場で生産

    ジープ ラングラー 次期型、ボディパネルは自社製に…新工場で生産

  3. BMWブランドのPHV販売、西欧で好調 7月

    BMWブランドのPHV販売、西欧で好調 7月

  4. マツダ ロードスター RF、発売記念車は得意客に優先販売…米国

  5. 大同特殊鋼、自動車向け高機能磁石事業を強化…グループ子会社2社を合併

  6. チョウチョと遊ぶニャンコたち…こんなデザインのサンシェード

  7. トヨタ RAV4 とレクサス HS、米国でリコール…サスペンションに不具合

  8. クラリオン、女性の活躍推進優良企業に認定…「えるぼし」最高位

  9. ブリヂストン、アイスホッケー日本代表チームへの協賛を継続

  10. 車載がテーマの折りたたみ自転車「202モビリティシックス」

アクセスランキングをもっと見る