人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

航空自衛隊向け戦闘機 F-2 最終号機を引き渡し

自動車 ビジネス 企業動向

三菱重工業は、航空自衛隊向け戦闘機『F-2』の最終号機を完成し、27日に防衛省への引き渡しを行った。同戦闘機は、2000年9月の量産初号機以来累計94機(試作機含め98機)が納入されている。

同日、名古屋航空宇宙システム製作所小牧南工場では、防衛省の下条みつ防衛大臣政務官、同社の大宮英明社長らが出席し、これを記念した完納式を開催した。

F-2は、支援戦闘機『F-1』の後継機“FS-X(次期支援戦闘機)”として、米国の戦闘機『F-16』をベースに日本の運用構想、地理的条件などに適合するよう、同社が1988年度から開発を推進。1995年の試作機初飛行、1996年の試作初号機納入を経て、1996年度から生産されてきた。

F-2戦闘機の後継機については、生産終了を前にした2010年8月に、防衛省はF-2戦闘機の後継候補となる戦闘機の研究開発ビジョンを公表、2016年度からの開発着手を想定している。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 定額クルマ乗り換え放題サービス始まる…IDOMが首都圏で先行リリース

    定額クルマ乗り換え放題サービス始まる…IDOMが首都圏で先行リリース

  2. 【リコール】三菱ふそう スーパーグレードなど、エンジン損傷のおそれ

    【リコール】三菱ふそう スーパーグレードなど、エンジン損傷のおそれ

  3. 【リコール】ダイハツ タント 80万台、バックドアステー破損で負傷のおそれ…塩害地域は要注意

    【リコール】ダイハツ タント 80万台、バックドアステー破損で負傷のおそれ…塩害地域は要注意

  4. 三菱ふそう、バス床下の腐食点検を呼びかけ…重大事故のおそれ

  5. タクシー業者の実態、台当たり運送収入は上昇も収入総額は減少…帝国データバンク

  6. スバル富士重 吉永社長「今秋の インプレッサ 皮切りに毎年新車を投入」

  7. 【リコール】日野レンジャー など、ターボチャージャ不具合でエンストのおそれ

  8. オートバックス、車買取専門店4号店を小金井にオープン

  9. アルパインと日本IBM、自動運転時代を見据えた次世代車載システムを共同開発へ

  10. ダイハツ タント、バックドアのステー破損で負傷事故発生

アクセスランキングをもっと見る