航空自衛隊向け戦闘機 F-2 最終号機を引き渡し

自動車 ビジネス 企業動向

三菱重工業は、航空自衛隊向け戦闘機『F-2』の最終号機を完成し、27日に防衛省への引き渡しを行った。同戦闘機は、2000年9月の量産初号機以来累計94機(試作機含め98機)が納入されている。

同日、名古屋航空宇宙システム製作所小牧南工場では、防衛省の下条みつ防衛大臣政務官、同社の大宮英明社長らが出席し、これを記念した完納式を開催した。

F-2は、支援戦闘機『F-1』の後継機“FS-X(次期支援戦闘機)”として、米国の戦闘機『F-16』をベースに日本の運用構想、地理的条件などに適合するよう、同社が1988年度から開発を推進。1995年の試作機初飛行、1996年の試作初号機納入を経て、1996年度から生産されてきた。

F-2戦闘機の後継機については、生産終了を前にした2010年8月に、防衛省はF-2戦闘機の後継候補となる戦闘機の研究開発ビジョンを公表、2016年度からの開発着手を想定している。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. トヨタ プリウス TRDパーツ…空力性能を高め走りを追求[写真蔵]

    トヨタ プリウス TRDパーツ…空力性能を高め走りを追求[写真蔵]

  2. イギリスEU離脱…影響される日本企業343社

    イギリスEU離脱…影響される日本企業343社

  3. 【ものづくりワールド16】松浦機械製作所のハイブリッド金属3Dプリンタ…人だかりの理由

    【ものづくりワールド16】松浦機械製作所のハイブリッド金属3Dプリンタ…人だかりの理由

  4. ランボルギーニ ガヤルド、生産終了…10年の歴史に幕

  5. ファミリー派も納得、ミニバンの走りに安定感を…HKSのアル/ヴェル用新サスペンション「ハイパーマックス G」

  6. 英マクラーレンのスーパーカー、MP4-12C が生産終了へ…3年の歴史に幕

  7. トヨタ、動向注視しながら影響を検証…イギリスEU離脱

  8. 自動車ブランドのサーブ、消滅へ…70年の歴史に幕

  9. 三菱自動車、燃費データ不正対象車両検索システムを運用開始…パジェロなど5車種

  10. 日産 ムラーノ 新型、ロシアで現地生産を開始

アクセスランキングをもっと見る