【INDYCAR インディジャパン】決勝…ディクソンがポールtoウィンを飾る

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

インディ ジャパン ザ ファイナル決勝レースが18日、栃木県ツインリンクもてぎのロードコースに5万5000人の観客を集めて行われた。

レースはポールポジションからスタートしたスコット・ディクソン(ターゲット・チップ・ガナッシ・レーシング)が完全に支配した。

ロードコースに強い総合ランキング2位のウィル・パワー(チーム・ペンスキー)もこの日のディクソンの敵ではなった。3度出されたフルコース・コーションからのリスタートだけがパワーのチャンスだったが、それさえも完璧に封じられてしまった。

63周のレースでディクソンが記録上トップを譲ったのは同ラップにピットインした際のピット位置の違いによる1周だけだった。ピット作業中のディクソンをピットが前方のパワーがピットロード上で抜いたに過ぎない。それ以外はパワーに影をも踏まさぬディクソンの快走だった。

2位に入ったパワーは今季の「マリオ・アンドレッティ・ロードコース・トロフィ」を獲得した。さらに総合チャンピオン争いでもダリオ・フランキッティ(ターゲット・チップ・ガナッシ・レーシング)を逆転し、11ポイント差で首位に立った。

フランキッティは2度目のリスタートでライアン・ブリスコー(チーム・ペンスキー)と接触したのが最後まで響き、8位に終わった。チーム・メイトのディクソンがフルマークのポイントを獲得してくれたことでフランキッティは最悪の事態を逃れた。残り2レースがフランキッティの得意とするオーバルで11点のビハインドは決して苦しいものではないからだ。

11番グリッドからスタートした佐藤琢磨は2度に渡るアクシデントを乗り越え、10位でフィニッシュした。序盤にジョアオ・パオロ・デ・オリベイラにヘアピンで押し出され、コースオフ。ラスト2周でのリスタートでは6位争いをしていた僚友のE. J. ビソと接触して後退してしまった。序盤に争っていたマルコ・アンドレッティ(アンドレッティ・オートスポート)が3位でフィニッシュしているだけに惜しいレースだった。

22位からのスタートだった武藤英紀はブラックタイヤでスタートし、直後2周でピットストップするという奇襲に出た。新品のレッドタイヤを2セット持っているというアドバンテージを生かす作戦だ。追い上げは順調だったが2回目のピットストップの際、目の前でピットがクローズされる不運に見舞われた。進路は変えられず、そのままピットロードをスルーしたロスは大きく18位でレースを終えた。
《重信直希》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品