君は知っているか?…『ワイルド・スピードMEGA MAX』登場車

モータースポーツ/エンタメ 映画

デトマソ・パンテーラ
  • デトマソ・パンテーラ
  • デトマソ・パンテーラ
  • デトマソ・パンテーラ
映画『ワイルド・スピード』シリーズの集大成、『ワイルド・スピードMEGA MAX』がまもなく10月1日からに日本で封切られる。9月23〜25日の先行上映すら待てない向きに、劇中登場する車をいくつか紹介しよう。

囚人護送車のクラッシュを皮切りに、走行中の列車からの高級車強奪、“お約束”のストリートレース、そして巨大金庫を引きずりながらパトカー群とのチェイス。アクションはスピードに重量感も加わった。

デトマソ・パンテーラ(1972年型)---イタリア人レーサー、デトマソと、フォード『マスタング』の生みの親、アイアコッカによる伊米合作。5.8リットルV8・OHVエンジン(330馬力)を搭載する。量販をねらって開発されたが、改造すれば最高速300km/hを超える実力をもつ。1971年発売なので列車から強奪される劇中車はかなり初期の個体。最近、同名のスーパーカーが復活するとの話がある。

ポルシェGT3(2002年型)---『911』をベースに、レース向けに1999年から限定生産されたモデル。量産型911から軽量化を図り、水平対向6気筒エンジンは3.4リットルから3.6リットルに排気量アップ、ルマンに参戦した「GT1」と部品を共用して370馬力を発揮する。ベースとなった911のほうは劇中車登場後すでに1回フルモデルチェンジしており、さらに新型がまもなく発表される。

ケーニッグゼグCCX(2010年型)---車好きなら覚えられないが忘れられないケーニッグゼグは、スウェーデンのスーパーカーメーカー。2005年には『CCR』が最高速395km/hで市販車のギネス記録を樹立したこともある。CCXは2006年発売のタルガトップモデルで、ボディはカーボン&ケブラー製。価格は約8000万円からのオーダーメイドだ。
《高木啓》
  • デトマソ・パンテーラ
  • デトマソ・パンテーラ
  • デトマソ・パンテーラ
  • ポルシェGT3
  • ポルシェGT3
  • ポルシェGT3
  • ケーニッグゼグCCX
  • ケーニッグゼグCCX
  • ケーニッグゼグCCX

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 【鈴鹿ファン感謝デー16】新型 NSX が鈴鹿で初走行…シビックタイプR、S660 とハンデマッチ

    【鈴鹿ファン感謝デー16】新型 NSX が鈴鹿で初走行…シビックタイプR、S660 とハンデマッチ

  2. 事故で真っ二つのエンツォ フェラーリ、完全修復で高値落札…2億超え

    事故で真っ二つのエンツォ フェラーリ、完全修復で高値落札…2億超え

  3. 【MotoGP】2016年、2つの大きなルール変更…ウインターテスト開始

    【MotoGP】2016年、2つの大きなルール変更…ウインターテスト開始

  4. 【バサースト12時間 2016】59号車マクラーレンが優勝、千代組GT-Rは1.2秒届かず2位

  5. 【バサースト12時間 2016】日産 GT-R、僅差の2位チェッカー…千代勝正「また来年戻ってきたい」

  6. 【新聞ウォッチ】毎日経済人賞の富士重社長「強みを最大限に生かす」経営手腕を評価

  7. 【MotoGP】マルケス、タイトル奪還に向けミシュランの感触を確認

  8. 【フォーミュラE】ブエミ、アルゼンチン戦で最後尾から2位の歴史的好走…優勝はバード

  9. 【トヨタ GAZOOレーシング】ニュル24時間に片岡龍也、吉田広樹が追加…マシンカラーも披露

  10. 『頭文字D』声優、運転免許を取得「オートマ限定ですけど」

アクセスランキングをもっと見る