君にわかるか? シルエットクイズ…『ワイルド・スピード MEGA MAX』登場車

自動車 ビジネス 国内マーケット

第1問
  • 第1問
  • 第1問
  • 第2問
映画『ワイルド・スピード MEGA MAX』は日本公開を控え、登場する車のシルエット画像を見て車種を当てるクイズを実施している。Twitterからのツイートで回答し、正解者には抽選でオリジナルグッズがプレゼントされる。

2001年の誕生以来、加速し続ける「ワイルド・スピード」シリーズ。誕生から10年、集大成の『ワイルド・スピードMEGA MAX』が封切られた。全米ではサマーシーズンに公開され、3日間で8619万ドルというオープニング興業収入をマークした。

影の主役があらゆるジャンルの名車だ。2010年10月末に映画がクランクアップした時、めちゃめちゃに壊れた車体は200台にものぼったという。背景に使われる車は数百台がレンタルで補われ、これらはまた使われる日を待っている。

そういった車から2車種をチョイス、全体は写っていない不鮮明な写真から、車名を当てるクイズだ。

●賞品:オリジナルグッズセット…3名
Tシャツ、ショルダーバッグ、特製アルミボトル
●応募方法
Twitterより、「@MEGAMAX2011」宛てに【シルエットクイズ】とつけて、クイズの回答をツイートしてください。
●回答ツイート例
@MEGAMAX2011 【シルエットクイズ答え】第1問:トヨタ2000GT、第2問:マツダ・RX-7

●当選者にはツイッターのDMより連絡する。
応募期間:9月16日(金)23時59分まで
正解発表:9月17日(土)レスポンス記事にて
《高木啓》
  • 第1問
  • 第1問
  • 第2問
  • 第2問
  • 賞品
  • 声優に起用された武井咲
  • 『ワイルド・スピード MEGA MAX』 ポスター

注目の記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【マツダ ロードスター 用6速MT 開発物語】その3…トランスミッションを内製する理由と、開発の目的

    【マツダ ロードスター 用6速MT 開発物語】その3…トランスミッションを内製する理由と、開発の目的

  2. 【マツダ ロードスター 用6速MT 開発物語】その1…世界に誇る鋳造技術、マツダ中関TM工場

    【マツダ ロードスター 用6速MT 開発物語】その1…世界に誇る鋳造技術、マツダ中関TM工場

  3. 日立建機、超小旋回型ミニショベル3機種をモデルチェンジ…新エンジン採用

    日立建機、超小旋回型ミニショベル3機種をモデルチェンジ…新エンジン採用

  4. 駐車場ビジネスに自動運転がどう活きるか…パーク24とZMPが実証実験

  5. 【マツダ ロードスター 用6速MT 開発物語】その2…モノ造り革新の成果は、工場全社員の意識改革

  6. 「剥がしやすさ」がタイヤピットの現場を変える… マルエム製 新バランスウェイト

  7. 三菱自動車、アウトランダーPHEV好調で国内販売が14か月ぶりのプラス…7月実績

  8. アイシン、展示館「コムセンター」をリニューアルオープン

  9. 東芝、電動パワステに適したブラシレスモータ用プリドライバICを開発

  10. 「乗りたいベンツ」コンテスト、最優秀デザイン車両が完成…ヤナセ100周年

アクセスランキングをもっと見る