暴走族は大幅減少…警察庁調べ

自動車 社会 行政

警察庁交通指導課は4日、2011年上半期における暴走族の動向及び検挙状況などをとりまとめ、発表した。い集・走行回数、参加車両/人員ともに前年同期から大きく減少した。

い集・走行回数は、前年同期比16.0%減の1437件。参加人員は同26.0%減の1万3176人、参加車両は同18.4%減の9052台。110番通報件数は同12.0%減の1万9829件。総検挙人員も1万4735件と、同2.5%の減少となっている。

同課は、暴走族は減少しているものの、引き続き、あらゆる法令を適用した取締りを推進していくとしている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. 駐車場から進出のクルマ、直進車と衝突して運転者か死亡

    駐車場から進出のクルマ、直進車と衝突して運転者か死亡

  2. 山間部の見通しが悪い交差点で右折車と衝突、バイク運転者が死亡

    山間部の見通しが悪い交差点で右折車と衝突、バイク運転者が死亡

  3. 伊勢志摩サミット開催、伊勢自動車道および紀勢自動車道の一部区間で通行止め

    伊勢志摩サミット開催、伊勢自動車道および紀勢自動車道の一部区間で通行止め

  4. 崩壊した阿蘇大橋の迂回路が開通…大津町役場=南阿蘇村役場間が20分短縮

  5. 熊本地震、今後の備えは「三段構え」で...気象庁

  6. 九州の高速道路、無料化を検討...国交省

  7. ペダル踏み間違えのクルマが100円ショップに突っ込み、客1人が重傷

  8. ハミルトン、特注スーパーカーで事故…モナコ

  9. 警察庁、公道でハンドル手放しによる自動運転認める…公道試験のガイドライン案を公表

  10. 『ETC 2.0』普及へ前進、経路別の料金優遇などサービス具体化へ

アクセスランキングをもっと見る