暴走族は大幅減少…警察庁調べ

自動車 社会 行政

警察庁交通指導課は4日、2011年上半期における暴走族の動向及び検挙状況などをとりまとめ、発表した。い集・走行回数、参加車両/人員ともに前年同期から大きく減少した。

い集・走行回数は、前年同期比16.0%減の1437件。参加人員は同26.0%減の1万3176人、参加車両は同18.4%減の9052台。110番通報件数は同12.0%減の1万9829件。総検挙人員も1万4735件と、同2.5%の減少となっている。

同課は、暴走族は減少しているものの、引き続き、あらゆる法令を適用した取締りを推進していくとしている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. トレーラーのブレーキ引き摺りによる火災事故、3年間で82件に

    トレーラーのブレーキ引き摺りによる火災事故、3年間で82件に

  2. 軽がトラックと正面衝突、非番の女性警官死亡

    軽がトラックと正面衝突、非番の女性警官死亡

  3. 自動操舵の10km/h制限を当分の間猶予…保安基準を改正

    自動操舵の10km/h制限を当分の間猶予…保安基準を改正

  4. 宇都宮市で13台中7台に整備命令 夜間の街頭検査

  5. ドライバーの異常を車外に通知、ブレーキ灯点滅などで…保安基準を改正

  6. ダンプ衝突で信号柱倒壊、車2台に直撃

  7. ミラーレス車を解禁へ、国交省が基準を整備

  8. 飲酒運転の警官2人を逮捕、直前には当て逃げ事故も起こす

  9. 高速道路各社が過積載取り締まりを強化…悪質違反者初の告発も

  10. 九州の高速道路、無料化を検討...国交省

アクセスランキングをもっと見る