トヨタ伊地知専務「日本の技術力を守るために労働規制の緩和を」

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタ伊地知専務「日本の技術力を守るために労働規制の緩和を」
  • トヨタ伊地知専務「日本の技術力を守るために労働規制の緩和を」
  • トヨタ伊地知専務「日本の技術力を守るために労働規制の緩和を」
  • トヨタ伊地知専務「日本の技術力を守るために労働規制の緩和を」
トヨタ自動車の伊地知隆彦取締役専務役員は2日、2011年度第1四半期決算会見で日本の六重苦について触れ、「今の労働行政では、若い人たちに充分に働いてもらうことができなくなっている」と述べた。

伊地知専務によると、ヒュンダイとトヨタの技術者を比べた場合、個人差はあるものの年間の労働時間がヒュンダイのほうが1000時間も多いそうだ。ということは、10年で1万時間も違ってしまう勘定になる。

「私は若い人たちに時間を気にしないで働いてもらう制度を入れてもらえないと、日本のモノづくりは10年後とんでもないことになるのではないかと思う」と伊地知専務は危惧する。

もちろん心身の健康が第一であるが、日本の技術力を守っていくためには若いうちから働く時間を十分に与え、さまざまな経験を積ませる必要があるというわけだ。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. トヨタ プリウス などのリコール、米国に拡大…カーテンエアバッグに不具合

    トヨタ プリウス などのリコール、米国に拡大…カーテンエアバッグに不具合

  2. 【リコール】マツダなど5社、タカタ製エアバッグ不具合で73車種144万台を追加

    【リコール】マツダなど5社、タカタ製エアバッグ不具合で73車種144万台を追加

  3. 【リコール】トヨタ プリウス など155万台、満タン時にガソリン臭が発生するおそれ

    【リコール】トヨタ プリウス など155万台、満タン時にガソリン臭が発生するおそれ

  4. 【新聞ウォッチ】燃費不正の軽自動車4車種、あすから販売再開---三菱自と日産

  5. メルセデス AMG GT、米国でリコール…駆動系に不具合

  6. 【リコール】日野レンジャー など、ターボチャージャ不具合でエンストのおそれ

  7. アバルト全モデル、フィアット正規ディーラー全国79店舗での販売を開始

  8. マツダ英国販売12%増、CX-3 と ロードスター が牽引…1‐5月

  9. デンソー、ハウス内をモニタリングできる農業ICTシステムを発売

  10. 日産、ロシア工場10周年…「現地生産を継続」

アクセスランキングをもっと見る