VW、2013年からWRCに参戦…マシンは ポロ | レスポンス(Response.jp)

VW、2013年からWRCに参戦…マシンは ポロ

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

フォルクスワーゲンは5日、WRC(世界ラリー選手権)に2013年から、『ポロ』をベースにした『ポロR WRC』で参戦すると発表した。

2011年シーズンから、WRCのレギュレーションは大きく変わった。エンジン排気量の上限が1600ccに抑えられ、直噴ターボが認められたのだ。ポロR WRCは、直噴1.6リットル直列4気筒ガソリンターボ「TSI」を搭載。最大出力は300psレベルを引き出し、駆動方式は4WDとなる。外観は、大型リアスポイラーやワイドフェンダーが特徴だ。

フォルクスワーゲンのウルリッヒ・ハッケンベルク研究開発担当取締役は、「WRCの新レギュレーションは、フォルクスワーゲンにとって理想的。WRC参戦のノウハウを、市販車の開発に反映させる最高の環境が整った」と語る。

なお現時点で、チーム体制やドライバーは未公表。同社のモータースポーツ活動を統括するクリス・ニッセン氏は、「我々は過去3年間、ダカールラリーで栄冠を手にした。その情熱をWRCにも注ぎ込む」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品