書籍の買取など、本人確認を義務化…4月1日より

自動車 社会 行政

警察庁は10日、古物営業法施行規則を改正し、4月1日より施行すると発表した。改正により、リサイクルショップ等の古物商で書籍やCD・DVD等を売却する場合は、値段にかかわらず本人確認を求められることになる。

これまで古物商では、オートバイやゲームソフトを除いて、対価の総額が1万円未満の商品を買い受ける場合には、取引の相手方(売る側)の本人確認や帳簿等への記載をしなくてもよいとされていた。

総額1万円以上の買受けについては、これまでも全ての商品について本人確認などが必要であったが、今回の改正により、古物商は書籍やCD・DVDなど値段にかかわらず、本人確認や帳簿等への記載が求められることになる。

警察庁では、リサイクルショップ等を利用する人に対して、身分証明書、運転免許証、保険証等を持参するよう呼びかけている。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. 自動運転車でドライバーが居眠り、決定的瞬間[動画]

    自動運転車でドライバーが居眠り、決定的瞬間[動画]

  2. 著しい高速度で走行中に死亡事故、運転者に実刑を命じる

    著しい高速度で走行中に死亡事故、運転者に実刑を命じる

  3. 交差点を進行中の大型トレーラーが横転、複数の車線を塞ぐ

    交差点を進行中の大型トレーラーが横転、複数の車線を塞ぐ

  4. 経年車の税軽減へ…自動車文化を考える議員連盟、発足

  5. 高速度で橋の欄干に衝突して車体が真っ二つ、2人が死亡

  6. 日産 フェアレディZ NISMO パトカー、警視庁に配備完了

  7. 日系企業、車両周辺の状況を検知する特許技術で海外を圧倒…特許庁

  8. 国交省、タカタ製エアバッグの追加リコールを指示…約700万台

  9. LINEのやり取りに夢中で信号無視、ひき逃げ容疑で男を逮捕

  10. 執拗な煽りで事故誘発、求刑を上回る懲役12年判決

アクセスランキングをもっと見る