【CEATEC 10】ドコモ ドライブネット、Android 2.1以降に対応

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

NTTドコモとパイオニアは、ドライバー向けの情報提供サービス「ドコモ ドライブネット」をスマートフォンに対応させる協業について、合意したのは既報のとおりだ。開催中のCEATEC会場ではこの具体的内容が明らかにされている。

パイオニアは同社製カーナビエンジンを搭載したカーナビアプリと、OSとしてAndroidを採用するドコモのスマートフォンに対応した車載クレードルを提供。ドコモはパイオニアのナビアプリに連動して機能する「ドコモ ドライブネット」を提供する。

CEATEC会場内でデモ機として使われていたのはOSバージョンがAndroid 1.6となるソニーエリクソン製の『Xperia』だったが、実際のサービス提供時にはAndroid 2.1以降のスマートフォンが対象になるという。現状、ドコモのスマートフォンでこの条件をクリアしているのは、今年11月の発売開始が予定されているサムスン製の『GALAXY S』のみとなる。

パイオニアが提供する車載クレードルは、一般的なサイズのスマートフォンであればセットできる柔軟なつくりとなっている。OSの条件をクリアするのはもちんだが、microUSBで接続した場合は端末の充電が可能だが、USB経由での通信には対応しておらず、Bluetoothのみとなる。

サービスの提供時期は未定だが、来春に改めて詳細が発表されるという。アプリやクレードルの価格も未定となっているが、パイオニア側は「センサー類を載せているので通常のクレードルより価格が高くなることは間違いないが、PNDの価格を上回ることはないはず」と説明している。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 テクノロジー アクセスランキング

  1. ユピテル、衝突警報システム「マエミテ」を発売…レーザーで車間距離を測定

    ユピテル、衝突警報システム「マエミテ」を発売…レーザーで車間距離を測定

  2. 米CESで受賞、FOCAL「K2 Power」のセパレート2ウェイシステムを聴いてみる

    米CESで受賞、FOCAL「K2 Power」のセパレート2ウェイシステムを聴いてみる

  3. 無料ナビアプリ三つ巴対決、一番使いやすいのはどのアプリだ

    無料ナビアプリ三つ巴対決、一番使いやすいのはどのアプリだ

  4. 【インタビュー】コネクテッドカーのための人工知能とは?… ニュアンス、車載事業部マーケーティング・マネージャーに聞いた

  5. 始まって以来の“大変革”…新型 カロッツェリア サイバーナビ 発表

  6. ガーミン、トライアスロン向けGPSウォッチに新モデル…光学式心拍計を搭載

  7. JAF、危険予知トレーニングの新作動画を公開…トンネル内の無灯火車両など4本

  8. 市販ナビ満足度3連覇達成のアルパイン BIG Xシリーズ、その実力は

  9. ユピテル、レーダー探知機 SUPER CAT A710 発売…新小型オービス対応のタッチパネルモデル

  10. 【官能カーオーディオ!】車内で“スマホ”を聴く方法、最新事情パート2…“AUX”&“USB”編

アクセスランキングをもっと見る