9日まで開催される「CEATEC JAPAN 2010」、タイコエレクトロニクスジャパンは、マルチタッチで動かせる恐竜ロボット『TEサウルス』を展示。ステージでは、マルチタッチを使ったTEサウルスのデモンストレーションが行なわれている。

TEサウルスは、「環境を大切にしないと人間も恐竜と同じ道をたどってしまう」と環境保護や低炭素社会作りの大切さを呼びかけるために製作されたという。実際のデモンストレーションにおいても、なかなか機敏な動きをみせ迫力も満点、ステージ前には人だかりもできていた。

タイコエレクトロニクスジャパンは、電子部品サプライヤーである米タイコエレクトロニクス社の日本法人、ブースでは、スマートグリッドに対応する、LED照明、ソーラーパネル、ハイブリッド・電気自動車などに向けた電子部品を紹介。TEサウルスは、デモンストレーションだけでなく一般来場者も抽選により操作することができる。
《椿山和雄》