実物大のエヴァンゲリオン初号機、富士急ハイランドに登場

自動車 ビジネス 国内マーケット

富士急ハイランド(山梨県富士吉田市)は14日、実物大のエヴァンゲリオン初号機を報道陣に公開した。このエヴァンゲリオン初号機は、胸の部分までの胸像で大きさは、高さ約9m、幅約16m。主人公「碇シンジ」が初めてエヴァと出会った第7ケージ(格納庫)を再現している。

この立体胸像は、富士急ハイランドがアニメ−ション作品『新世紀エヴァンゲリオン』の映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」の世界観が楽しめるパビリオン「EVANGELION:WORLD−実物大初号機建造計画−」の一部として建造されたものだ。

再現された第7ケージは、碇シンジの名セリフ「僕はエヴァンゲリオン初号機パイロット、碇シンジです!」や「逃げちゃだめだ。逃げちゃだめだ」など数々の人気シーンの場所。

パビリオンでは、「渚カヲル」の等身大立像の展示やエヴァのコクピットであるエントリープラグの操縦席に座って写真が撮れるサービス、『破』上映封切り時に、2日間のみ歌舞伎町イベント会場にて限定上映した映像「EVA-EXTRA05Q」を富士急ハイランド用にリミックスしたスペシャル映像を上映。

そのほか、「ヤシマ作戦会議室」や「ATフィールド」などの劇中シーンをそのまま切り抜いたグラフィックパネルの展示や、劇中のゼーレ・モノリスの部屋をそのまま再現した部屋など、エヴァンゲリオンの世界を楽しめるものとしている。

一般へのオープン日は7月23日。翌24日には、JR東静岡駅北側の東静岡広場で全長18mの1分の1ガンダム立像も公開される。両施設とも、アニメーション作品を活用するあらたな観光スポットとなりそうだ。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

    燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  2. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

    ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  3. マツダ、SKYACTIV-Dの燃焼室構造が全国発明表彰 恩賜発明賞を受賞

    マツダ、SKYACTIV-Dの燃焼室構造が全国発明表彰 恩賜発明賞を受賞

  4. 【人とくるまのテクノロジー16】現行 リーフ の倍、60kWhバッテリーを参考出品…日産

  5. 日産ミスフェアレディに新人8名…総勢21名の2016年度新体制発表

  6. 「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

  7. ホンダ、技術テーマで自動車技術会賞を4件を受賞

  8. 【リコール】日野プロフィア 3万3000台、ECU不具合などで走行不能になるおそれ

  9. 【リコール】日野プロフィア 2万台、変速機不具合で走行不能になるおそれ

  10. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

アクセスランキングをもっと見る