トヨタとテスラ、共同開発のEVをNUMMIで生産へ

自動車 ビジネス 企業動向

テスラのEVパワートレーンをベースに、トヨタが車体開発をおこなう(写真はテスラロードスター)
  • テスラのEVパワートレーンをベースに、トヨタが車体開発をおこなう(写真はテスラロードスター)
  • NUMMI 閉鎖前の生産ライン風景
  • NUMMI
米EVメーカーのテスラモーターズは20日、トヨタ自動車と電気自動車(EV)と部品開発の生産システムと技術的面での業務提携に合意、4月にGM撤退に伴い閉鎖したトヨタ/GMの合弁工場「NUMMI」を購入し、共同開発のEVを生産すると発表した。

トヨタはテスラに対し、テスラ社の株を買い取る形で5000万ドルの融資を行う。あわせてテスラは、米エネルギー省からの融資4億6500万ドルを受け、これをNUMMIの購入資金に充てるとみられている。

NUMMIは4月1日の閉鎖まで『カローラ』と『タコマ』を生産していたカリフォルニア州フリーモント市にあるトヨタの生産工場。GMとの合弁により運営されていたが、昨年GMの整理案件となりGMが同工場での生産を中止する形で合弁を解除。トヨタ独自での採算が合わないことから閉鎖された。テスラ・モーターズはNUMMIで、2012年に市販を予定している5万7400ドルの『モデルS』とトヨタと共同開発する新型EV、2つのモデルの生産を行う。

テスラは高性能EV『ロードスター』をいち早く発売。ベンチャーEVメーカーとして世界での評価を得たが、日産『リーフ』やシボレー『ボルト』等、3万ドル台の手頃なEVやPHVが続々と発売される中、EVメーカーのパイオニアとして同価格帯の量産モデルの開発・生産を急いでいた。

米メディアによるとテスラ第3のモデルとなる新型EVは、価格3万ドルの大量生産モデル。EVの心臓部であるパワートレインの部分はテスラが開発し、トヨタの既存モデルをベースに車体部分をトヨタが担当することになるとのこと。
《ケニー中嶋》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

    撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

  2. 日産、韓国環境省を提訴…行政処分取り消し求める

    日産、韓国環境省を提訴…行政処分取り消し求める

  3. 富士重、スバル自動車保険プランを5年ぶりにリニューアル…サービス拡充

    富士重、スバル自動車保険プランを5年ぶりにリニューアル…サービス拡充

  4. マツダ ロードスター に「宮古島」仕様

  5. カレコカーシェアリング、新型ロードスターを都内3ステーションに導入

  6. オリックス、カーシェア車両に セレナハイブリッド 30台を導入

  7. イギリスEU離脱…影響される日本企業343社

  8. GMジャパン石井社長「日本抜きでは考えられない」…フォードの日本撤退で

  9. 英自工会、EU離脱に声明…「政府は英自動車産業の利益保護を」

  10. ファミリー派も納得、ミニバンの走りに安定感を…HKSのアル/ヴェル用新サスペンション「ハイパーマックス G」

アクセスランキングをもっと見る