[動画]ボルボ S60 の自動ブレーキ、デモで失態 | レスポンス(Response.jp)

[動画]ボルボ S60 の自動ブレーキ、デモで失態

自動車 テクノロジー 安全

ボルボが新型『S60』に搭載した世界初の「フルオートブレーキ付追突警告機能&歩行者自動回避システム」。そのメディア向けデモンストレーションで、システムが作動せず、メディアの目の前で追突事故が発生した。

新型S60のフルオートブレーキ付追突警告機能&歩行者自動回避システムは、クルマの前方を人が通るのを感知するとドライバーに警告し、ドライバーが回避動作を取らない場合、自動的にフルブレーキをかける仕組みだ。

ボルボによると、フルオートブレーキと連動する歩行者検知システムは、35km/hまでなら、ドライバーの動作が間に合わない場合でも、歩行者との衝突を回避できるという。

ボルボは、この画期的安全装備のメディア向けデモンストレーションを、スウェーデンで開催。S60の前方に大型トレーラーが用意され、S60は48km/hの速度で進行。システムがトレーラーを検知し、S60は自動フルブレーキによって、ぶつかる前に停止するはずだった。

ところが、システムに何らかの不具合が発生し、S60はノーブレーキでトレーラーに追突。メディア環視の元で、ボルボは大失態を演じてしまった。テスト車はダミー人形が運転席に座る自動運転で行われたが、「自動運転用のバッテリーに問題があり、システム自体のエラーではない」というのが、ボルボの説明だ。

この出来事、考え方によっては、発売前に不具合が発覚したことで、実際にユーザーが事故に遭う前に、ボルボは対策を施す機会を得たとも受け取れる。デモンストレーションの様子は、動画共有サイトで見ることができる。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品