【北京モーターショー10】巧妙になったコピー車事情

自動車 ニューモデル モーターショー

中国といえば、上海万博のテーマソングが話題になったばかりのパクリ天国。

モーターショーにおいても中国メーカーによるコピー車が多数出品されていて、日本車によく似たクルマを見たときに「正式な技術供与や業務提携なのか? それともコピーなのか?」とまず考え込むことも少なくない。

しかし、そんなコピー車事情も今までとはちょっと流れが変わってきた。フルコピーではなく、ほぼコピーなんだけど顔とお尻だけを変更して“オリジナルを装う”クルマが増えているのだ。

理由はふたつ考えられる。ひとつは購入者もコピー車をコピーと認識しており、「もしかしたらコピー車は恥ずかしいんじゃないか?」という意識が芽生えてきたこと。そういう人たちに対し、フロント形状を変更することでコピー車に対する劣等感を軽減しているようだ。

もうひとつは、著作権意識の変化。上海万博のテーマソング事件が中国国内からも批判されたように、若干ながらも「パクリはよくない」という風潮が中国にも広まりつつあるようだ。
《工藤貴宏》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 今度はツーリングだ! BMW 5シリーズ、次世代モデル情報続々

    今度はツーリングだ! BMW 5シリーズ、次世代モデル情報続々

  2. ポルシェ パナメーラ 次期型、開発プロトタイプ車両を公開

    ポルシェ パナメーラ 次期型、開発プロトタイプ車両を公開

  3. 【ニュル24時間 2016】ヒュンダイの高性能車、「N」…開発車両が完走

    【ニュル24時間 2016】ヒュンダイの高性能車、「N」…開発車両が完走

  4. 【IIHS衝突安全】シボレー カマロ 新型、トップセーフティピックを逃す

  5. 三菱航空機「MRJ」飛行試験2号機が初飛行

  6. 史上最強の626馬力!? BMW M5 次世代型をスクープ

  7. BMW 330e に創立100周年記念モデル、ブルーとホワイトの世界観を表現

  8. スズキ セレリオ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

  9. 【グッドウッド16】マツダ ロードスター「スパイダー」欧州初公開へ

  10. 【ニュル24時間 2016】トヨタの新型クロスオーバー、C-HR …完走果たす

アクセスランキングをもっと見る