人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

【ナノテク10】5年後には衣服でも発電できる 有機薄膜太陽電池

自動車 ビジネス 企業動向

有機薄膜太陽電池
  • 有機薄膜太陽電池
独立環境研究所のブースで画期的な太陽電池を発見した。同研究所と金沢大学、静岡大学、東京理科大学、イデアルスターなどが共同研究している有機薄膜太陽電池がそれだ。

導電性ポリマーなど有機化合物を用いたもので、製法が簡便で生産コストを抑えられ、着色性や柔軟性に優れるという特徴がある。「現在主流のシリコン型の太陽電池よりも、コストが5分の1 - 10分の1で済む」(イデアルスターの関係者)という。ただ、現時点では電気に変換する効率がシリコンのものよりも大幅に悪いそうだ。

現在、塗布型のものを研究開発しており、3年後には市場化できる見通しだ。そうなれば、窓ガラスなどに塗って電気をつくることができる。すでに、アクリル製の車庫の天井に塗って実験を行っているそうだ。半透明なので、クルマの窓ガラスも大丈夫とのこと。

「ゆくゆくはそれを繊維にも利用しようと考えています。そうなれば、洋服でも発電できるようになります。例えば、建設工事現場でその繊維でつくったテントを張っておけば、そこで使う電気をまかなえるわけです」と同関係者は語り、5年後の製品化を目指しているという。

ただ、製品化のためには、電気に変換する効率を大幅に高めていく必要があり、その研究がいろいろな研究機関で進められている。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. スバル富士重、国内外販売好調…総生産台数は8か月連続プラス 6月実績

    スバル富士重、国内外販売好調…総生産台数は8か月連続プラス 6月実績

  2. マツダ青山執行役員、国内販売大幅減も「正価販売は今後も継続する」

    マツダ青山執行役員、国内販売大幅減も「正価販売は今後も継続する」

  3. ホイールアライメントって何? 調整の必要な理由とは

    ホイールアライメントって何? 調整の必要な理由とは

  4. ホンダの総生産台数、13か月連続プラス…7.8%増の42万5305台 6月実績

  5. 日産のグローバル生産台数、過去最高…48万7908台 6月実績

  6. 【リコール】UDトラックス クオン、謎の自動ブレーキ…プログラム不具合だった

  7. マツダ、国内販売が9か月連続マイナス…36.4%減 6月実績

  8. 「フェラーリやってます」輸入車販売のニコル、横浜でモーターショー

  9. マツダ 藤本常務、円高には「会社のリソーセス総動員して対応」

  10. 日産、下げ止まらない国内販売シェア 第1四半期決算

アクセスランキングをもっと見る