【COTY09-10 選考コメント】エコカーの生きる道を i-MiEV に見た…森口将之

自動車 ビジネス 企業動向

『プリウス』と『インサイト』は同点にした。「どっちが勝ちか」というカタチで話題になることが多かったこそ同点にしたかった。自動車業界みんな苦しいんだから、仲良くやりましょうよ。

でも2台とも満点は許されないわけで、10点は『i-MiEV』に投じた。理由はデザインと走りだ。卵形のボディはガソリン車としてデビューして3年たったいまでも、路上でもっとも美しい国産車の1台であり続けている。

走りは僕が体験した電動車両ではいちばん癖がなく、スムーズに走れる。長年電力会社と協力して実証実験を行ったおかげもあるだろう。この努力も評価に入れた。でもいちばんのポイントは、乗って楽しいことだ。

とくに高速でフル加速したときのモーターサウンドは最高!って自分が鉄道好きなためもあるけれど、ハイブリッドカーでは無音扱いしている電動音を、i-MiEVは心地よく聞かせてくれる。

三菱がこのサウンドを意図的に作り出したかどうかは不明だが、そこにエコカーの生きる道を感じて、高価格にもかかわらず満点を与えた。

森口将之|モータージャーナリスト
試乗会以外でヨーロッパに足を運ぶことも多く、自動車以外を含めた欧州の交通事情にも精通している。雑誌、インターネット、ラジオなどさまざまなメディアで活動中。著書に『クルマ社会のリ・デザイン』(共著)、『パリ流 環境社会への挑戦』など。
《森口将之》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品