ワールドパフォーマンスカーオブザイヤー…ファイナリスト10台

自動車 ビジネス 企業動向

ワールドカーオブザイヤー主催団体は、「ワールドパフォーマンスカーオブザイヤー」の最終選考に残った10台を公表した。
 
同賞はワールドカーオブザイヤーと同時に発表されるもので、2008年に発売されたスポーツモデルの中から、世界59名のジャーリストの投票によってベストな1台を選出。日本メーカーでは日産『GT-R』、三菱『ランサーエボリューションX』、スバル『インプレッサWRX STI』がノミネートされた。
 
今後のスケジュールは3月9日に10台から3台に絞り込み、4月9日のニューヨークモーターショーの会場で、イヤーカーが決定される。ちなみに過去の結果は、2006年がポルシェ『ケイマンS』、2007年がアウディ『RS4』、2008年がアウディ『R8』。果たして、日本車は栄冠に輝くか!?
 
ファイナリスト10台は以下の通り。

●アウディRS6アバント
●BMW135iクーペ/カブリオレ 
●シボレー・コルベットZR1 
●ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4 
●メルセデスベンツC63AMG 
●メルセデスベンツSL63AMG 
●三菱ランサーエボリューションX 
●日産GT-R 
●ポルシェ911カレラ 
●スバル・インプレッサWRX STI
《森脇稔》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品