【国際航空宇宙展】ショーの目玉は厳重警戒の中で展示

自動車 ビジネス 企業動向

【国際航空宇宙展】ショーの目玉は厳重警戒の中で展示
  • 【国際航空宇宙展】ショーの目玉は厳重警戒の中で展示
  • 【国際航空宇宙展】ショーの目玉は厳重警戒の中で展示
  • 【国際航空宇宙展】ショーの目玉は厳重警戒の中で展示
今回の国際航空宇宙展で最大の目玉となったのが、防衛省ブースに展示されていた「全機実大RCS試験模型」だ。レーダーに映りにくいステルス性能と高運動性を両立させた、いわゆる“第5世代機”を研究するために作られた。

「高運動飛行制御システムの研究」は防衛省・技術研究本部が中心となって行っているもので、展示された模型は三菱重工業が手掛けている。現状ある一般的な戦闘機とほぼ同サイズの模型でレーダー断面積(RCS=Radar Cross Section)を調べた際に使用している。

全長などのスペックは未公表だが、前述したように「現状ある一般的な戦闘機とほぼ同サイズ」であることから、「屋内で見ると非常に大きい」という印象を持った。正面から見るとスマートに見えるものの、側面から見るとかなりの大きさがある。

ショーの目玉ではあるが、モノがモノだけに警備は厳重。残念ながら一般来場者の撮影は一切禁止されている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. マヒンドラのSUV、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

    マヒンドラのSUV、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

  2. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

    ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  3. トヨタ ヴィッツ、米国でリコール…サスペンションに不具合

    トヨタ ヴィッツ、米国でリコール…サスペンションに不具合

  4. 【カーグッズ】耐久性に注目「本格コーティング剤」でボディケア

  5. 伊マニエッティ、上海市に中国新本社ビルを開設

  6. スズキ イーコ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

  7. 自然に溶け込むアウトドア用品…ドッペルギャンガーのナチュラルシリーズ

  8. 【ハーマン オートモーティブ】未来のクルマに入り込む、世界最大級のオーディオブランド

  9. ウェザーニューズ、今年の梅雨の天気傾向を発表…九州は例年より大雨の予想

  10. FCA US、タカタ製エアバッグで追加リコール…約430万台

アクセスランキングをもっと見る