職務質問妨害を目的にパトカー体当たりの男に実刑判決

自動車 社会 社会

昨年8月、岐阜県各務原市内でパトカーに対してクルマを故意に衝突させ、警官4人を負傷させたとして、公務執行妨害や傷害などの罪に問われた36歳の男に対する判決公判が24日、岐阜地裁で開かれた。裁判所は懲役6年の実刑を命じている。

問題の事件は2006年8月6日未明に発生した。各務原市那加東亜町付近にあるマンション駐車場で偽造ナンバーを装着した不審な乗用車が駐車されているのを、別の窃盗事件の捜査を行っていた岐阜県警・機動捜査隊の隊員が発見。複数台のパトカーで周囲を取り囲み、運転席にいた男に職務質問しようとしたところ、男はクルマを急発進させ、パトカーへ体当たりした。

これによって4人の警官が負傷。運転していた男はなおも体当たりを続けたため、これを制止する目的で警官が拳銃を発砲。7発のうち、1発が男の肩に命中。男は公務執行妨害の現行犯で逮捕。後に検察は公務執行妨害と傷害の罪で起訴していた。

これまでの公判で被告側は「ヤクザに囲まれたと思った。相手が警官という認識がなかった」と主張。発砲についても異議を唱えていたが、24日に開かれた判決公判で、岐阜地裁の田辺三保子裁判官は「被告の行為は警官の職務質問から免れるためだった」と認定した。

その上で裁判官は「動機に全く酌量の余地はなく、身勝手な犯行」として、被告に対して懲役6年の実刑判決を言い渡した。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. 多重衝突を起こしたトラック運転手に過重勤務を命じた会社を捜索

    多重衝突を起こしたトラック運転手に過重勤務を命じた会社を捜索

  2. 全長約8kmのトンネル内で車両火災、煙が内部に充満して通行止めに

    全長約8kmのトンネル内で車両火災、煙が内部に充満して通行止めに

  3. 国交省、事故削減に向け先進技術を活用へ…オートライトや対歩行者自動ブレーキ

    国交省、事故削減に向け先進技術を活用へ…オートライトや対歩行者自動ブレーキ

  4. 国土交通省、自動車の安全対策に関する評価・分析方法を検討

  5. ドライバーの異常を車外に通知、ブレーキ灯点滅などで…保安基準を改正

  6. トレーラーのブレーキ引き摺りによる火災事故、3年間で82件に

  7. トライクにヘルメットはいらない…警察に不手際

  8. 『ETC 2.0』普及へ前進、経路別の料金優遇などサービス具体化へ

  9. ランボルギーニが事故、3台が全焼…マレーシア[動画]

  10. バイクで歩行者ひき逃げの男に懲役刑、無保険の隠蔽も認定

アクセスランキングをもっと見る