職務質問妨害を目的にパトカー体当たりの男に実刑判決

自動車 社会 社会

昨年8月、岐阜県各務原市内でパトカーに対してクルマを故意に衝突させ、警官4人を負傷させたとして、公務執行妨害や傷害などの罪に問われた36歳の男に対する判決公判が24日、岐阜地裁で開かれた。裁判所は懲役6年の実刑を命じている。

問題の事件は2006年8月6日未明に発生した。各務原市那加東亜町付近にあるマンション駐車場で偽造ナンバーを装着した不審な乗用車が駐車されているのを、別の窃盗事件の捜査を行っていた岐阜県警・機動捜査隊の隊員が発見。複数台のパトカーで周囲を取り囲み、運転席にいた男に職務質問しようとしたところ、男はクルマを急発進させ、パトカーへ体当たりした。

これによって4人の警官が負傷。運転していた男はなおも体当たりを続けたため、これを制止する目的で警官が拳銃を発砲。7発のうち、1発が男の肩に命中。男は公務執行妨害の現行犯で逮捕。後に検察は公務執行妨害と傷害の罪で起訴していた。

これまでの公判で被告側は「ヤクザに囲まれたと思った。相手が警官という認識がなかった」と主張。発砲についても異議を唱えていたが、24日に開かれた判決公判で、岐阜地裁の田辺三保子裁判官は「被告の行為は警官の職務質問から免れるためだった」と認定した。

その上で裁判官は「動機に全く酌量の余地はなく、身勝手な犯行」として、被告に対して懲役6年の実刑判決を言い渡した。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. 貸切バス事業者の運行管理者、態勢強化し、責任重く...軽井沢スキーバス事故対策検討委員会

    貸切バス事業者の運行管理者、態勢強化し、責任重く...軽井沢スキーバス事故対策検討委員会

  2. 高速新料金、導入で首都圏の渋滞損失時間が1割減

    高速新料金、導入で首都圏の渋滞損失時間が1割減

  3. 九州の高速道路、無料化を検討...国交省

    九州の高速道路、無料化を検討...国交省

  4. 熊本地震、今後の備えは「三段構え」で...気象庁

  5. 地震活動1000回以上、年間発生回数を半月で...熊本地震

  6. 走行460万kmのメルセデスベンツ!! 博物館に寄贈

  7. 車線変更してきたクルマと接触、バス車内で転倒の5人負傷

  8. 『ETC 2.0』普及へ前進、経路別の料金優遇などサービス具体化へ

  9. 6月3日に最終案、安全運行視点に規制強化...軽井沢スキーバス事故対策検討委

  10. 【暴走羽田空港】クルマを強奪、滑走路内を約40分間

アクセスランキングをもっと見る