人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

公道のF1マシン『カパロ T1』、デリバリー開始

自動車 ビジネス 企業動向

公道のF1マシン『カパロ T1』、デリバリー開始
  • 公道のF1マシン『カパロ T1』、デリバリー開始
  • 公道のF1マシン『カパロ T1』、デリバリー開始
  • 公道のF1マシン『カパロ T1』、デリバリー開始
カパロ・ビークル・テクノロジー(Caparo Vehicle Technologies)社が、“公道を走るF1マシン”というコンセプトで開発した『T1』のデリバリーが、この7月より開始される。

イギリスでの税前価格は19万ポンド(4500万円)からで顧客にあわせたカスタマイズも行える。すでにアメリカ、南アフリカ、ドバイなどでディーラーが決まっており、その他の地域でも、検討中という。

T1は、カパロ製の3.5リットルV8エンジンを搭載。車重は550kg。最大出力は575bhp/10500rpmで、パワー・ウエイト・レシオは1045bhp/トン。また、最大トルクは420Nm/9000rpm。0-60マイル/h(0-96km/h)加速は2.5秒、100マイル/h(160km/h)には5秒以内に達する。

さらに、100マイル/h(160km/h)から停止するまでには3.5秒。またエタノールによるテストでは、最大出力700bhpを記録したという。

同社では、T1を使用したカーレースを開催することも検討している。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

    三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

  2. 国内外の設計開発に触れながら自分を成長させる場がある ― エンジニアに訊くZFの魅力

    国内外の設計開発に触れながら自分を成長させる場がある ― エンジニアに訊くZFの魅力

  3. マツダ藤本常務「アメリカ市場は基本的に厳しいが、踏ん張り時」

    マツダ藤本常務「アメリカ市場は基本的に厳しいが、踏ん張り時」

  4. マツダ青山執行役員、国内販売大幅減も「正価販売は今後も継続する」

  5. 【スバルファンミーティング】BRZ ターボ化の可能性は…「頑張れば2.5Lなら」開発者トークショー

  6. ホイールアライメントって何? 調整の必要な理由とは

  7. 日産、下げ止まらない国内販売シェア 第1四半期決算

  8. 「フェラーリやってます」輸入車販売のニコル、横浜でモーターショー

  9. 【ストップ 粗悪修理】危険! 車が真っ直ぐ走らない…不完全修復の全貌 その4

  10. スバル富士重、国内外販売好調…総生産台数は8か月連続プラス 6月実績

アクセスランキングをもっと見る