東京オートサロン06ホンダブース、『ステップワゴン・モデューロ』コンセプトが提案するのは新しい価値観を持つ若者に向けた、日常をワクワクさせるようなデイリー・アクティブ・ミニバン。

エクステリアでは、オリジナルのステップワゴンをベースにカメラ付きプロテクションやウエルカムライト内臓サイドパネル、フロント、サイド、リアと、車体全周にセンサーを内蔵させるなどの電子機能を搭載する。

室内は、「サバイバル・ファンクション・プロテクト・リサイクル」をテーマとするユニセックスブランド「ファイナル・ホーム」とのコラボレーションで、シートカバーとして利用する以外に、取り外してアウターウエアとしても利用できるシ—トカバーを装備した。

外部カメラの画像を切り替え表示できるマルチディスプレイルームミラーや、前席のフローリングやそれとマッチしたスケルトン調のインテリアパネルの他に、「どこでもエンターテイメントシステム」として、車内外で利用できるナビ、オーディオ、ビデオ、ゲーム対応とした。

デジタルデバイスを自在に楽しむ若者の遊び心に応える提案が盛り込まれ、ミニバンの楽しさをさらに拡大するモデルに仕上げている。
《椿山和雄》