東京オートサロン06、ホンダブースは、ホンダアクセスの「モデューロ」ブランドによるコンセプトモデル3台、『シビック・モデューロ・コンセプト』『エアウェイブ・モデューロ・コンセプト』『ステップワゴン・モデューロ・コンセプト×ファイナル・ホーム』を展示、オープニングの挨拶には二足歩行ロボット、『ASIMO』(アシモ)が登場。

今回の展示は、「More! Active」というメッセージを基本にカスタマイズの枠をを越えた、アクセサリー装着車全体のコンセプトをトータルで考えてデザインを具現化したという。

そのほか、昨年9月に発表した新型『シビック』をはじめとした、ホンダ車各種のモデューロ装着車を展示、ナビゲーションからオーディオまでホンダ純正アクセサリーのラインナップを紹介している。
《椿山和雄》