ホンダの意外な収入源…豆腐? 醤油?

自動車 ビジネス 企業動向

ホンダには大豆で儲ける、という意外な一面がある。

日本からアメリカへクルマを輸出し、その帰りの空になったコンテナ船にアメリカ産大豆を乗せて日本へ輸入、これが豆腐や醤油の原料として取引されている。

今年ホンダが輸入販売する大豆は100万ケースにも達する見込みで、ホンダに意外な収入をもたらしているという。

実はホンダがこうした大豆ビジネスを始めたのは1986年のことで、クルマの輸出に使った輸送ルートの効率的な利用を検討した結果が大豆の輸入だった。

アメリカでは大豆やトウモロコシから取れるエタノールをガソリンの注入剤や低排気ガス燃料とすることもあり、大豆は決して自動車と無関係とは言えない。

しかしホンダのビジネスの場合は純粋に食料としての大豆で、なかなかの発想、と米メディアは感心している。
《Sachiko Hijikata, US editor》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ヒュンダイの小型車、イオン も星ゼロ評価…グローバルNCAP

    ヒュンダイの小型車、イオン も星ゼロ評価…グローバルNCAP

  2. 「自動ブレーキ」名前の認知度97.3%も、半数は機能を誤解…JAF調べ

    「自動ブレーキ」名前の認知度97.3%も、半数は機能を誤解…JAF調べ

  3. 三菱自、益子会長が社長職を兼任…副社長3名は退任

    三菱自、益子会長が社長職を兼任…副社長3名は退任

  4. トヨタ自動車、米Uber社とライドシェア領域での協業を検討

  5. 米国高級車販売、BMWが首位…メルセデスとレクサスを抑える 4月

  6. 「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

  7. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  8. 日産 GT-R NISMO、米国価格公表…ポルシェ 911ターボ を超えた

  9. 三菱自、燃費不正問題で特別損失1億円を計上

  10. トヨタとダイハツ、5月30日以降も国内工場を通常稼働

アクセスランキングをもっと見る