この時期大増産に踏み切るフォードの賭け---金利0%ローン続く

自動車 ビジネス 企業動向

アメリカではビッグ3が新年度も自動車ローン金利の0%キャンペーンを継続することが決定しているが、フォードでは早々と来年上四半期の生産増を発表した。

フォードによると、10月から始められたゼロ金利キャンペーンのおかげで売れ行きは好調、各地のディーラーから在庫切れの連絡が相次いでいる。そのため金利キャンペーン継続にあたり、大幅な増産が必要と見込まれる、という。

しかしアメリカは政府が公式に景気後退に入ったことを認めており、来年度の景気に関してはかなり非観的。さらにアナリストらも、金利0%キャンペーンが続く間は販売が好調でも、終了した途端に車が全く売れなくなる、というシナリオを警戒している。

この時期に大増産に踏み切ることは、すなわち大きな賭けのようなもの、という見方が強い中、フォードの来年度の戦略には少なからぬ疑問の声も上がっている。
《Sachiko Hijikata, US editor》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品