【新型ポルシェ『911タルガ』に乗った】クーペと変わらぬパフォーマンス | レスポンス(Response.jp)

【新型ポルシェ『911タルガ』に乗った】クーペと変わらぬパフォーマンス

自動車 社会 行政

【新型ポルシェ『911タルガ』に乗った】クーペと変わらぬパフォーマンス
  • 【新型ポルシェ『911タルガ』に乗った】クーペと変わらぬパフォーマンス
  • 【新型ポルシェ『911タルガ』に乗った】クーペと変わらぬパフォーマンス
  • 【新型ポルシェ『911タルガ』に乗った】クーペと変わらぬパフォーマンス
  • 【新型ポルシェ『911タルガ』に乗った】クーペと変わらぬパフォーマンス

新型『911タルガ』の技術面に関しては、アップグレードされたばかりの『911カレラ2』と共通点が多い。24バルブ3.6リットルエンジンに、新型冷却システム。去年リリースされた911ターボで登場したバリオカム可変バルブタイミング技術も貢献して、6800rpmで235kW、4250rpmで370Nmというパフォーマンスを可能にしている。外からの音を遮断しきれないタルガはエンジン音を楽しむにはもってこいで、ルーフを開けてエンジン回転をトップエンド7200rpmまで上げれば、最高のサウンドが満喫できる。

普通に走行しているぶんでは新型タルガがカレラ2より70kgも重いことには気がつかない。試乗車には6速マニュアルギアボックスが搭載されており、0-100km/h加速が5.2秒。この数値はクーペと0.2秒しか違わず、カブリオレと同じ。最高速度は最近の911各モデルと同等の285km/h。

重量増加の原因はカブリオレのシャシーをベースにしたことが原因。ボディを頑丈にするために、直径30mmもあるスチール製チューブが、Aピラーからリアに向かってルーフレールを通り、そしてCピラーの付け根まで追加されている。ねじり剛性はカレラ2とカブリオレとの中間くらい。ルーフ構造のせいで他の部分に妥協しなければならない点はほとんどない。ルーフとブラインドを閉じた状態で運転すればカレラ2とほとんど同じ感覚。あの驚異的なまでのどっしりと落ち着いた安定感が得られる。

ウェイトが増えたことでハンドリングに違いがでるのでは、といった心配は無用。ロックtoロック3.0回転のパワステからは、今までのどの911モデルからも得られなかったほどの、ぱりっとした反応がドライバーの体全体に伝わってくる。従来より固くなったスプリングのせいで乗り心地はわずかに荒くなっているが、いっぽうでハンドリングはカレラ2とほとんど変わらない。よほどクルマを知るドライバーでなければ違いは分からない。

> つづく

《》

関連ニュース

特集

おすすめの商品