ナッサー退任でマツダ売却!? ---フォードの対日戦略に激震も | レスポンス(Response.jp)

ナッサー退任でマツダ売却!? ---フォードの対日戦略に激震も

自動車 ビジネス 企業動向

フォードのジャック・ナッサー社長退任が日本市場でのビジネス展開にどういう影響を与えるかは、同時期に実施される「大規模な幹部人事」にかかっている。フォードにとって、世界第2位の市場規模を持ち、子会社マツダのある日本は海外事業でも特別な存在。

このため、通常の海外担当役員とは別に、マツダ社長も務めたヘンリー・ウォレス本社財務担当の“直轄地”となっている。その上には、副会長で日本法人の在籍経験を持つ、ウェイン・ブッカー氏が影響力を行使している。またプレミア・オートモーティブ(PAG)ブランドのジャガーやボルボ、ランドローバーの対日ビジネスは、BMWから移籍し、PAG本部のトップを務めるウォルフガング・ライツレ氏が直接の担当だ。

これら3人のVIPの処遇によって、対日ビジネスが影響されることになる。かれらがフォードを去ることになれば、新たな幹部によって新たな対日戦略が動き出すだろう。マツダ売却や、フォード車販売撤退もあり得ない話ではない。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品