【東京シヨー2001出品車】マツダ『アテンザ』---世界一のデザイン

自動車 ニューモデル モーターショー

【東京シヨー2001出品車】マツダ『アテンザ』---世界一のデザイン
  • 【東京シヨー2001出品車】マツダ『アテンザ』---世界一のデザイン
小泉巖チーフデザイナーによれば『アテンザ』のデザイン開発は98年に始まった。「『カペラ』後継ではなく、世界一のC/Dセグメント・カーをデザインしよう、と。日本と世界各地のスタジオで初期案いくつかが提案されましが、コンペというよりコラボレーションです」。

アテンザはマツダの新しいデザイン哲学“エモーション・イン・モーション”に基づいてデザインされた。直訳すれば“動きの中の情感”。これを小泉チーフデザイナーは「五感に訴える動き」と説明する。

「リズム、スピード、テンション、連続性などがデザイン開発作業においてのキーワードでした。ショルダーを明確にし(緊張感)、車体のコーナーを丸めて視覚的重心をホイールベースの中に置き(運動性能の良さ)、要素を連続(スピード感)させました」。
《高木啓》
  • 【東京シヨー2001出品車】マツダ『アテンザ』---世界一のデザイン

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【アウディ A4 新型】ボディサイズアップしながらCd値0.23に向上…クラス最高

    【アウディ A4 新型】ボディサイズアップしながらCd値0.23に向上…クラス最高

  2. ロールスロイス ファントム、次期型はV12プラグインハイブリッド!?

    ロールスロイス ファントム、次期型はV12プラグインハイブリッド!?

  3. 【デリーモーターショー16】フィアット プント、旧モデルが復活…車名は「ピュア」

    【デリーモーターショー16】フィアット プント、旧モデルが復活…車名は「ピュア」

  4. 【東京オートサロン16】メルセデスベンツ G550 4x4 2[詳細画像]

  5. 【アウディ A4 新型】キャラクター異なる2種類の2リットルエンジンを設定

  6. 【東京オートサロン16】FLEX カスタムハイエース アメリカ[詳細画像]

  7. 【アウディ A4 新型】新世代プラットフォーム採用で走りと環境性能を改善…518万円より

  8. 【デリーモーターショー16】ルノーの小型SUV、クウィッド に「クライマー」…オフローダー提案

  9. 【スズキ イグニス】ハーマン、専用設計のインフォテイメントシステムを提供

  10. 【ジャーナリスト対談】「“男”目線? “ママ”目線?」西川淳とまるも亜希子、ダイハツ タント を語る

アクセスランキングをもっと見る