【東京ショー2001出品車】三菱『CZ3ターマック』……やっぱり4ドア4シーター | レスポンス(Response.jp)

【東京ショー2001出品車】三菱『CZ3ターマック』……やっぱり4ドア4シーター

自動車 ニューモデル モーターショー

【東京ショー2001出品車】三菱『CZ3ターマック』……やっぱり4ドア4シーター
  • 【東京ショー2001出品車】三菱『CZ3ターマック』……やっぱり4ドア4シーター
  • 【東京ショー2001出品車】三菱『CZ3ターマック』……やっぱり4ドア4シーター
  • 【東京ショー2001出品車】三菱『CZ3ターマック』……やっぱり4ドア4シーター
『CZ3ターマック』をデザインしたのは多摩デザインセンターだ。フロントマスクはこれからの三菱のデザイン・アイデンティティ(とくにスリー・ダイヤモンドの処理)を主張する。これは今回のコンセプトカーに共通。

インテリア・デザインはテクニカルな印象。たとえばCVTセレクターのデザインはラリーカーのシーケンシャル・シフトレバーをイメージしたもの。テクニカル・デザインは、デザイン本部のブーレイ本部長が日本デザインの特徴のひとつと認めているものだ。

このようにスポーティで技術指向のデザインなのだが、基本ボディは4ドアのシティ・カーだ。「現代の若者は仲間と体験をシェアするのを好むから」とブーレイ本部長は説明してくれた。
《高木啓》

おすすめの商品