【フランクフルトショー2001速報】ピニンファリーナのスタディは『スタート』…ではゴールは? | レスポンス(Response.jp)

【フランクフルトショー2001速報】ピニンファリーナのスタディは『スタート』…ではゴールは?

自動車 ニューモデル モーターショー

イタリアのカロッツェリア(デザインハウス兼少量生産スペシャリスト)ピニンファリーナが、珍しくフランクフルトに自社スタンドを構え、発表したコンセプトカーが『スタート』。2+2コンバーチブルのスタディだ。

ピニンファリーナはフォード『Ka』ベースのロードスター『ストリートKa』を生産することが決まっており、フォードとの関係開始をいわったもの。スタートのエンジンはフォード製2.0リットル「デュラテック」、ターボで武装して200PSを発生する。

スタイリングはフォードのニューエッジデザインをピニンファリーナ流に解釈したもの。フェラーリやプジョーとはまた違ったピニンファリーナを見せる。

ストリートKaをデザインしたフォードのトリノ・スタジオ、ギア(こちらももとはカロッツェリア)は閉鎖され、地球規模の業界再編の中、カロッツェリアビジネスの新しい始まりを示唆しているのがその名もスタートだ。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品