SUTの価格戦争早くも始まる | レスポンス(Response.jp)

SUTの価格戦争早くも始まる

自動車 ビジネス 国内マーケット

今年のデトロイトやロサンゼルスオートショーで話題を集めたスポーツユーティリティトラック(SUT)。ラグジュアリーモデルの大型SUVにピックアップベッドを追加することで機能性をアップさせたもので、GMのキャデラック『エスカレードEXT』とフォードのリンカーン『ブラックウッド』が一騎討ちの形となっている。

ブラックウッドのほうは8月から全国ショールームに市販モデルが並び、その価格は5万2500ドル(約630万円)から。ところが来年一月から販売が始まるエスカレードEXTの方は、なんと通常のエスカレードのロングバージョンの価格、4万9990ドル(約600万円)を据え置き、と発表された。もちろんブラックウッドの価格を意識してのこと。

EXT、ブラックウッドどちらもパッセンジャーシートの後ろにピックアップベッドを設けているが、EXTにはさらにパッセンジャーキャビンカーゴドア(ミッドゲイト)も装備。エンジンはEXTが6.0リットルV8で345HP、ブラックウッドは5.4リットルV8で300HP。販売が後発となることを性能と価格の比較で跳ね返そうと言うGMの戦略だが、この2つのモデルの競争は他に競合相手がないことから今後もエスカレートしそう。
《Sachiko Hijikata, US editor》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品