びっくり!! GMが前クライスラー社長ボブ・ルッツ氏を雇用 | レスポンス(Response.jp)

びっくり!! GMが前クライスラー社長ボブ・ルッツ氏を雇用

自動車 ビジネス 企業動向

前クライスラー社長、ボブ・ルッツ氏がなんとGMとの雇用契約を結び、重役として迎えられることになった。GM幹部の話によると、ルッツ氏の就任は来週火曜日のGM幹部会で承認される見通しだという。

ルッツ氏がGMに入社、というニュースは株式市場にも明るい材料として捕らえられた。理由のひとつには、長くGMには「幹部に本物のカーガイがいない」と言われて来たこと。“カーガイ”とはクルマ野郎、つまり自動車業界たたき上げの専門家、の意。

その点ルッツ氏は90年代始めのクライスラー再建時のスタッフであり、リー・アイアコッカ氏の片腕とも言われた人物。アイアコッカ氏の失脚によりクライスラーで会長の座につくことはなかったが、その経営センスは高く評価されていた。

ルッツ氏の新しいポジションは、現在大きな転換期に立たされているGMの生産分野の統括となる予定で、その手腕に期待がかかっている。
《Sachiko Hijikata, US editor》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品