不正軽油で9億円以上の脱税---栃木県警が逮捕 | レスポンス(Response.jp)

不正軽油で9億円以上の脱税---栃木県警が逮捕

自動車 社会 社会

不正軽油で9億円以上の脱税---栃木県警が逮捕
  • 不正軽油で9億円以上の脱税---栃木県警が逮捕
栃木県警は24日、軽油を無許可で貯蔵・販売した上、軽油引取税約1億3200万円を脱税したとして、小山市の石油販売業の男を消防法違反(不法貯蔵)と、地方税法違反(脱税)の疑いで逮捕したことを明らかにした。

警察の調べによると、この男は本来は軽油保管のために必要な市長の許可を得ないまま、自分の持つ工場内に軽油4キロリットルを不法に貯蔵していた疑いが持たれている。

この軽油はA重油と灯油を混合して作った不正な品質のものと見られ、それを認識した上で千葉や埼玉など関東全域の48の運送業者にこの軽油を販売。1997年8月から2001年2月までの間、今回の摘発理由となった1億3200万円相当を含む、総額9億4000万円相当の引取税を脱税した疑いが強いとして、警察は取り調べている。

A重油と灯油を混合して作った不正軽油は、排出ガスに含まれる有害物質が非常に多く、特にPM(粒子状物質)の値は最悪で、排出ガスが真っ黒く見える。東京都などでは不正軽油の取締りを強化しているが、これを直接取り締まる法律が存在しないため、改善は非常に難航しているという。
《石田真一》

関連ニュース

特集

おすすめの商品