ジョーダン・ホンダがトップ!! ---ドイツGPへ向けての合同F1テスト | レスポンス(Response.jp)

ジョーダン・ホンダがトップ!! ---ドイツGPへ向けての合同F1テスト

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

29日決勝開催のドイツGP前の合同テストが火曜日スタート。イタリア、モンツァとスペイン、バレンシアの2カ所で実施された。シューマッハの大クラッシュで一時は騒然としたモンツァには7チーム10ドライバーが参加した。

トップタイムを記録したのはジョーダン・ホンダのリカルド・ゾンタ。2位にはマクラーレンのアレクサンダー・ブルツが入った。同じくマクラーレンからは若手ドライバーのダレン・マニングが参加したが、ブルツから3.4秒遅れの最下位に終わった。

3、4位に入ったのはウィリアムズ勢。同じく高速サーキットのホッケンハイムを想定し、ペースセッティングなどを調整した。BARホンダのオリビエ・パニスはメカニカルトラブル発生のため、周回数を重ねることができなかった。この日ジャガーから若手F3ドライバーのジェームズ・コートニーが初参加。ベネトンの両ドライバーの間となる8位に入った。

また、バレンシアではザウバーのキミ・ライコネンが単独で参加。テスト終了前にクラッシュする場面があったが、こちらも怪我はなかった。

モンツァ
1:ゾンタ/ジョーダン・ホンダ(B)
 1分25秒125 43周 
2:ブルツ/マクラーレン(B)
 1分25秒240 41周 
3:ジェネ/ウィリアムズ(M)
 1分25秒251 62周 
4:R. シューマッハ/ウィリアムズ(M)
 1分25秒792 39周 
5:M. シューマッハ/フェラーリ(B)
 1分25秒997 21周 
6:パニス/BARホンダ(B)
 1分26秒784 31周 
7:フィジケラ/ベネトン(M)
 1分26秒984 19周 
8:コートニー/ジャガー(M)
 1分27秒278 50周 
9:バトン/ベネトン(M)
 1分27秒449 23周 
10:ターナー/マクラーレン(B)
 1分28秒667 40周 

バレンシア
1:ライコネン/ザウバー(B)
 1分15秒690 58周 

チーム名後ろの()内はタイヤサプライヤーB=ブリヂストン、M=ミシュラン
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品