【CART第9戦決勝】フランキッティが「残り1ガロン」で薄氷の勝利 | レスポンス(Response.jp)

【CART第9戦決勝】フランキッティが「残り1ガロン」で薄氷の勝利

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

2001年CART「FedExチャンピオンシップ」シリーズの第9戦は五大湖のひとつエリー湖のほとり、オハイオ州クリーブランドのバーク・レイクフロント・エアポートに設けられた全長2.106マイル(3.389km)の特設コースで開催された。空港の滑走路と誘導路を利用したコースは幅が広いため、追い抜きが仕掛けやすい。一方で、バンプの多い路面がドライバーのミスを誘うなど、難しい一面も見せる。

CARTの予選はポイントランキングをもとに2つのグループに分けて行われるが、気まぐれな雨が番狂わせのスターティンググリッドを演出した。ランキング下位の第1グループがセッションを終えた直後に激しい雨が降り始め、第2グループの予選はウェットコンディションに。ドライで記録した第1グループのタイムを上回るドライバーは現れず、ランキングトップのブラックが17番手、2位のカストロネベスが23番手など、上位陣がことごとく後方からスタートすることとなった。

100周で争われたレースを制したのは、14番手からスタートしたフランキッティ(ホンダ/レイナード)。先を読んだピット戦略と省燃費走行が勝利を引き寄せた。不振のミナシアンに代わって第8戦から出場しているギドリー(トヨタ/ローラ)は、最多ラップリードを記録しながら惜しくも2位。3位にハータ(フォード/レイナード)が入り、ホンダ、トヨタ、フォードが表彰台を分け合った。

自己最高の8番手からスタートした高木虎之介は、上位陣と遜色のないペースで周回を重ね、一時は5番手を走って上位入賞のチャンスを窺わせたが、不運にも74周目に追突されてしまう。このアクシデントが響いてポジションを落としたうえ、最終ラップに燃料切れを起こして14位に終わった。また、中野信治はメカニカル系のトラブルにより、41周目にリタイアしている。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品