新車販売で泣いたのはトヨタ、笑ったのは子会社ダイハツ | レスポンス(Response.jp)

新車販売で泣いたのはトヨタ、笑ったのは子会社ダイハツ

自動車 社会 社会

新車販売で泣いたのはトヨタ、笑ったのは子会社ダイハツ
  • 新車販売で泣いたのはトヨタ、笑ったのは子会社ダイハツ
日本自動車販売協会連合会(自販連)は、6月の新車登録台数を発表した。それによると販売台数は前年同月比2.4%減の36万6693台となり、前年を割り込んだ。

車種別では、乗用車が同1.2%増の27万4441台となった。普通乗用が同1.4%減となったが、小型が同2.2%増となったことから前年を上回った。

貨物車は同11.6%減の9万0990台と低迷。普通貨物、小型貨物ともに、2ケタのマイナスが続いている。バスも同14.8%減の1262台だった。

メーカー別では、ダイハツ、ホンダ、いすゞ、日産、スズキが前年を上回った。なかでもダイハツは同151.9%増と2倍以上に伸びた。

『ブレビス』や『エスティマハイブリッド』など、新型車を相次いで投入したトヨタは同4.3%減。『スカイライン』を投入した日産、『フィット』を発売したホンダとは明暗を分けた。
《レスポンス編集部》

関連ニュース

特集

おすすめの商品