【CART第8戦 コメント】いったい何が起きたんだ!? ---中野信治 | レスポンス(Response.jp)

【CART第8戦 コメント】いったい何が起きたんだ!? ---中野信治

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

●優勝したマックス・パピスのコメント:「自分の感情を表に出すことができてうれしい。昨日は半分しか仕事をこなすことができなかったから、それほど喜ぶことができなかった。素晴らしいレースをしたから今日は幸せだ。チームの作戦も良かったし、フォードのエンジンも、ローラのシャシーも良かった。路面が滑りやすかったから慎重にドライブした。作戦がものをいうレースで、落ち着いてスマートに行動する必要があった。どの再スタートでも、ペスをつかむことができた。こんなことは珍しいよ。僕はゼロからヒーローになった。マッド・マックスが戻ってきたよ!」

中野信治のコメント:「何が起きたのかわからないが、1コーナーで誰かに追突されてスピンしてしまった。そのときにリアウィングのエンドプレートが壊れてしまい、乗りこなすのが難しくなってしまった。2回目の再スタートで今度はブラックに追突された。スピンしたのは僕のミス。リアのダウンフォースを失っていたので、コース上に留まることさえ困難だった。最後は自分のミスでスピンしてしまった。チームに申し訳ない。気持ちを切り替えて次のレースに臨む」

高木虎之介のコメント:「スタートして間もない6周目にアンドレッティとの接触でフロントサスペンションのアームを曲げてしまった。何とか復帰したものの、2度目のスピンで完全にバランスを崩してしまった。そこからは、もうまともに走れない状態だった。ウェットだったから良かったものの、ドライだったらアームが外れて完走も出来なかったと思う。無線の調子も悪く、ピットとのコミュニケーションにも障害が出てしまった。完走出来たとはいえ、周回遅れではレースとはいえない。次のクリーブランドでは上位へとチャレンジする」
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品