富士重工業が異例の社長就任 | レスポンス(Response.jp)

富士重工業が異例の社長就任

自動車 ビジネス 企業動向

富士重工業は23日、執行役員の竹中恭二氏が社長に就任する人事を発表した。田中毅社長は代表権を持つ会長に就任する。6月27日開催予定の株主総会で、了承を得て正式に就任する。

竹中氏は、主に開発畑を歩んできて、新規格軽の『プレオ』の開発責任者。現在はGMとの提携関係を具体化するアライアンス推進室長を務める。取締役でも無い人物が一気に社長に就任するのは異例中の異例。しかも52歳と若い。

田中社長は、自動車業界が急激に再編している中で、「トップの若返りを図る必要を感じた」と社長交代を説明した。竹中新社長も「青天の霹靂」ととまどった感じ。今後は竹中新社長が自動車事業、田中新会長が宇宙・航空やGMとの新たな提携強化策をそれぞれ担当する。

一方、多くの役員を飛び越えて竹中氏が社長に就任することから、専務は全員退任する。また、GMアジアパシフィックのルドルフ・シュレイス社長も非常勤取締役に就任する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品