ミケーレ・アルボレート、テスト中に事故死 | レスポンス(Response.jp)

ミケーレ・アルボレート、テスト中に事故死

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

元F1ドライバーのミケーレ・アルボレートが、25日テスト中のアクシデントにより死亡した。アルボレートは開催迫ったル・マン24時間耐久レース出場のため、ドイツのヨーロピアンスピードウェイでアウディ『R8』をテスト中、突然コントロールを失いクラッシュ。これまで何千kmというテストをトラブルなく行ってきたアウディは突然の悲劇に、信じられないといった様子を隠せない。

81年にF1デビューしたアルボレートはティレル、フェラーリ、ラルースなどから194戦に出場。なかでも5年間在籍したフェラーリ時代は同じイタリア出身ということもあり特に人気が高かった。85年には当時マクラーレンのアラン・プロストと激しいタイトル争いを演じ、惜しくも2位に終わった。F1引退後も数々のカテゴリーで活躍。アルボレートは、97年にル・マンを制している。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品