新発足の三井住友が販売する「最上級かつ最も進んだ自動車保険」 | レスポンス(Response.jp)

新発足の三井住友が販売する「最上級かつ最も進んだ自動車保険」

自動車 ビジネス 企業動向

今年10月に合併して、新たに「三井住友海上火災保険」となる、三井海上火災保険と住友海上火災保険の2社は9日、6月1日から両社共通の商品として先行販売を行っていく自動車保険『MOST(モスト)』の概要を明らかにした。

モストは本来の意味である「最上級」という意味合いはもちろん、「最も(MOttomo)進んだ、新スタンドード(STandard)」という言葉がネーミングの理由になっている。三井が販売する『そこまでやるCar』と、住友のSAP、PAP、BAP、AAPを後継する総合商品で、家庭用と事業用の二つを用意する。

特長は国内損保としては初めて「対人事故の重度後遺障害に関する特約」を付けたこと。これは事故の相手方が重度後遺障害となり、介護が必要となった場合に、相手方が負担する介護料のうち、相手方の過失部分を補償するというもの。また、傷害保険が付帯されているので、自動車事故だけでなく、自転車や電車、飛行機など、国内における交通事故全般によるケガまで補償しているという。

また、イメージキャラクターには「CHAGE&ASKA」を起用、4月23日からCMの放送を開始する。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品